社員の頑張りを正当に評価!社員がいきいきと働きやすい環境を整えることに成功!様

社員の頑張りを正当に評価!社員がいきいきと働きやすい環境を整えることに成功!

2020年10月ご導入

杏村金属株式会社

代表

杏村 良基

※インタビューの内容は取材時のものになります。

杏村金属株式会社

事業内容
製鋼原料加工及び販売/産業廃棄物処理(収集運搬・中間処理)
従業員数
14名
設立
2006年
所在地
愛知県
課題
人事評価制度の定着。モチベーションに繋がる仕組みの昇華。

    人事評価制度を導入後、どのような効果を感じていますか?

    社員間の横と縦のコミュニケーションが増え、チームワークがより一層強くなったことを感じています。

    弊社はスクラップ回収・加工業務をしていますが、仕事柄一人で企業対応・現場作業が多く、実質的に社員同士がコミュニケーションを取れる時間・環境が多くありません。とは言え、社員間の仲は良く、風通しもいい社風で、私としては課題を感じていたわけではないのですが、人事評価制度導入後、目標が見える化されたことで、上司は部下のどの行動を注意深く確認すればいいのか明確になり、進捗を自然と気にかけるようになりました。部下も課題に直面した時に今まで以上に上司に相談するようになりました。社員が仕事に対してより真剣に向き合ってくれていることを実感し、うれしい変化と感じています。

     

    前回初めて評価を迎えた際に数値目標(MBO)の事故件数で6点(最高点)を取った社員が9割でした。

    弊社は業務で大型車両やフォークリフトの運転をしています。

    社員みな安全意識を高く持って取り組んでいるので、事故件数は少ないのですが、どうしても年に数件発生していました。社員にはより一層責任感を持ってもらい、意識強化したい、また事故をした社員の評価を下げる、ということではなく、事故を起こさなかった社員を評価したいという、メッセージを込めて設定しました。結果として、私からのメッセージが社員に届き、数字にも表れうれしく思いますが、ここで満足せず全員が常に最高点をとれるような組織にしていきたいと思います。

    また、改善提案件数も増えています。人事評価制度導入前も改善提案をした社員に対し、報酬を出す形で運用していたのですが、提案する人、しない人に差が出ていたことが課題でした。提案・承認されることで業務効率が上がる、上司の業務工数の削減に貢献できるので、この取り組みを人事評価制度に組み込めたことは良かったです。

    まだ質の部分で課題はありますが、最初は厳しくせず、声を上げやすいようにどんな内容でもいいとしています。運用を重ねることで難易度の調整をすれば解決できますからね。今後に期待しています。

    人事評価制度を運用していく中で苦労していることを教えてください。

    評価者は、評点のつけ方に苦労していますね。

    弊社の目標設定は、付与型で運用をしています。付与型は、弊社が設定した目標で運用し、社員のレベルに合わせて難易度をそろえることができ、社員が目標を立てる必要がないので、工数削減につながっています。しかし、業務内容が多岐にわたっている社員は、どう評価したらいいのかわからず、部下の評点を信用せざるを得ない事、またこの人とこの人の評価は同じ2点でいいのか、2点3点の違いはどう判断したらいいのか、迷いが生じているようです。

    先ほど述べた業務改善も、前回上げたものを少し改善した内容もあり、これを1つとしてカウントしていいのか、悩みは尽きません。また、部下を思う気持ちから、評価をあげたいと思う評価者が多くいるので、どうしても評点を下げることに懸念があるようです。しかし、1サイクル回して見て、評点を見たとき、今まで評価されるべき人材が評価できていて、私目線では公平な評価ができているなという印象を持ちました。まだ運用間もないので課題はありますが、段々慣れていき、人事評価制度を会社のカラーにしていけばいいと思っています。躓いたらあしたのチームに相談しようと思います!

     

    次に評価者の時間捻出に苦労しました。
    運用当初、評価者である部長陣は、会社でコメントの入力をする時間を無理に捻出しており、課題がありました。今までの業務にプラスして、人事評価制度運用の時間ができたので、当たり前ですよね。

    今は、部長陣がコメント入力する時間は、課長が現場を仕切るようになり、自然と権限移譲ができるようになりました。部長がいない時間ができたことで、部下の育成ができ、とてもいい流れができていると感じます。

    今後、人事評価制度の運用により、さらに改善したいことを教えてください。

    私が思い描く、人事評価制度のゴールは、会社が成長し業績拡大することですが、既存顧客はもちろん、新規顧客に、弊社の社員のチームワークに惹かれたと言っていただきたいです。

    そのためにも、社員が仕事に誇りを持ち、生き生きと業務に取り組んでくれる人材が増えたらうれしいですね。

     

    弊社が人事評価制度を導入した理由の一つに、役職者から部下の頑張りを正当に評価をしたいという声が上がってきたことにあります。
    自分の思い入れがある大切な部下を、横一列で評価するのではなく、評価される人材を正しく評価できる仕組みづくりをしたいと感じたようです。
    あしたのチームを利用することで、評価基準が明確で、結果に納得できるであろう人事評価制度を作り上げることができました。
    今後は、この人事評価制度を運用し、社員が働きやすい職場環境を整えていきたいです。
    今いる社員に長く勤務してもらうには、身近な社員と良好な関係を築いてもらい、能力が発揮でき、評価され、報酬に結びつくことが大切だと思います。
    下地は出来上がったので、今後の運用で効果が出ることを期待しています。
    あしたのチームの人事評価制度導入前は私が3か月に1度社員と面談していたのですが、導入後は部長陣に2次評価者になってもらっているので、社員と過ごす時間が減ってしまい少し寂しい気がしています。今後は年に1回くらいは社員と話す時間を持ちたいですね!

    今後、人事評価制度を導入する企業に対してのアドバイスをお願いいたします。

    企業規模によると思いますが、人事評価制度は入れたいという思いを抱きながらも、入れていない経営者は多いと思うんです。導入していても形だけだったり。弊社は縁がありあしたのチームの人事評価制度を導入しましたが、営業担当の方が真摯に対応してくれ、思い通りの内容を構築してもらいました。また、構築で終わりではなく、運用サポートがついている点を評価しています。運用担当の方はこまめに連絡くれますし、相談にものってくれます。弊社の意見も取り入れながらも、必要な意見は遠慮せず言ってくれ、弊社の成長を考えて行動してくれているんだと感じています。

    前回の運用における期日管理は鞭を打ちながらもサポートしてくれました。人事評価制度運用における期日管理の重要性を説いてくれ、こまめに後追いをしてくれたおかげで、社員の意識がだいぶ変わった印象があります。
    運用に心配な企業は多いと思いますが、一度話を聞いてみることをお勧めします。

     

    導入前、人事評価制度はなかったので、0から皆で話し合い、オリジナルの人事評価制度を構築できました。導入後のサポートしては、万全の体制が整っていると思っているので、この仕組みを生かすも殺すも弊社次第だと思っています。

    今後の運用で弊社にどのような変化が生まれるのか楽しみです。

    また、人事評価をクラウドで見れるようになったのは初めての経験ですが、今は社員の目標・評価を見るのは楽しみですね。

    いつでもどこでも見れるのはクラウドのメリットだと思います。

    • 人事システム
      シェア

      no.1

      ※デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社
       HRTechクラウド市場の実態と展望2019年度版」より。

    • 導入企業

      4000社

    人事評価制度の構築・クラウド化で
    人と組織の成長を支援

    資料ダウンロード

    サービス概要・料金が分かる

    あしたのチーム サービスガイド
    アンバサダー 小泉孝太郎さん