// 条件合わない方

最初は苦労しますが、人材育成に必ず効果をもたらすことができます!

トラストコミュニケーション株式会社

導入時期 2019年10月
従業員数 25名
課題 頑張っている社員を正当に評価する仕組みがない

事業内容 ICTインフラ/運用保守/AI / IoT/RPA/通信コンサル
従業員数 25名
設立 2011年4月1日
代表 松田 穣 様
会社URL https://tcom.co.jp/

人事評価制度を導入後、どのような効果を感じていますか?

評価制度を入れたから、ということではないのですが、導入後にマネージャーの人数が増えました。

マネージャーになるということは部下ができているということ。評価制度で強制的に目標・中間・評価と面談の機会があることは、コミュニケーションのツールとしてとてもいいことだと思いました。事実、面談以外でも社内のコミュニケーションが盛んになりました。

私が現場から離れたということもありますが、私が介入しない自主的なMTGが増えました。評価者が制度を理解しているので新入社員もスムーズに評価制度運用が進められていますね

初めて効果を感じたのは査定を迎えたときでしたね。

トライアル後は、報酬連動型で社員は概ねプラス査定でした。そこで初めて、評価が給与に連動することを体感し、社員のモチベーションが上がりました。

今は評価制度が浸透しているので、立てた目標に対して行動をする、ということはできています。

今後の課題としては日々の業務のスキル向上ツールであってほしいと思うので、目先の目標達成にならないよう、評価者が目標内容を見定めないといけないと感じています。

人事評価制度を運用していく中で最も苦労したこと、また、その局面をどのように乗り越えたのかを教えてください。

最初は評価制度を浸透させることに時間かかりましたね。思い返すと1年くらいかかった気がします。

導入直後、社員は快い反応ばかりではありませんでした。

目標内容を自分で考えるということに抵抗があったように見えました。導入前に評価制度はあったのですが、一般的な会社で立てた目標を下におろすもので、目標を自分で立てるという文化がありませんでした。社員には導入する目的を私から何度も説明をして、大変かもしれないけど、必ずみんなの成長・キャリアプラン設計において必要なものになるからと伝えました。

幸いMGR陣が最初から理解を示してくれたので、一般社員への働きかけを一緒にしてくれましたことで、だんだんと浸透していったような気がします。

今は、目標設定・評価を業務時間外に全社員がしないところにまでもっていく、というところに少し課題が残るところではあります。

私は現場を経験しているので、忙しくて評価制度に手が回せないことには理解をしているつもりです。評価制度で残業時間が増えてしまうのは本末転倒なので、なるべく業務の合間を縫ってほしいとは伝えています。最初よりは目標設定は慣れてきているので、かける時間は減ってきています。面談は推奨時間通りにできていると思いますよ。

たまに大幅に時間が超えている評価者もいますが、必要なコミュニケーションの場になっているので問題はないと思っています。あしたのチームでは、運用サポートメニューに、中間面談同席があるので、指摘受けたことは改善し、実施しているので、評価者の面談レベルは上がっています。

 

目標内容は期を重ねるごとに具体的になっていると思います。

評価者が評点を付けるときに、不透明さが出ない・公平な評点をつけられるかと、いう観点で承認しています。

期を重ねる度に、みんなが勉強しているので、目標内容が醸成しているのではないかと思いますね。

今は定着しているので大変さはありませんが、3か月運用のスピード感は大変、というのが印象としてありました。目標を書いて、すぐに中間レビュー、少しすると評価になるので最初は慣れませんでした。しかしこれは慣れしかないかと思います。

 

社長目線の苦労は、やはり時間の捻出ですね。経営者として評価制度の運用は、重要な仕事であると位置付けているので苦労と言ってはいけないですが、限られた時間で社員を見なくてはいけないので計画的に動かなくてはありません。

面談実施のタイミングはわかっているので、その期間は予定を入れないように、かつMGR陣には早く予定を入れないと埋まっていくよ、と話してるので期日遅れはないですね!

今後、人事評価制度の運用により、さらに改善したいことを教えてください。

管理職の育成です。

弊社は、一般・MGR・部長という職位を用意していますが、部長職が今は空いています。

私は、あしたのチームの評価制度を使うことで、このような人材に成長してほしい、という社長のメッセージを伝えることができるツールであると思っています。

社員への経営ビジョンの共有、評価者としての成長をすることで、管理職の成長にもつながります。

今は私が全社員の2次評価者評価者になっていますが、部長クラスになれば、2次評価者の権限移譲ができることを想定しています。
もちろん評価制度だけではありませんが、その一助を担ってくれると思っていますし、期待しています。

今後、人事評価制度を導入する企業に対してのアドバイスをお願いいたします。

社員の皆様

評価制度の導入を検討しているということは、会社を変えようと思っていることだと思います。

弊社は、導入するにあたりコスト面で懸念はありましたが、人材にお金というリソースをかけるのは、限られた予算で、許す限り投資してもいいと思っています。

弊社は最初、評価制度を勉強して、自分たちで構築しようと2年ほど進めていたのですが、うまくいかなかったんですね。

縁があって、あしたのチームに依頼をしましたが、1か月半ほどで評価制度を構築することができました。

費用はかかりますが、短時間で完成し、驚きました。また、あしたのチームは運用後のサポート体制も整っていますので、何か不安なことがあれば、担当の方と一緒に解決することができます。

また、導入後、目に見える効果も出てきています。

私は評価制度を導入したことを全く後悔していません。

           

その他の導入事例

社長様お写真

2021.03.16

株式会社セントラルファミリー

評価制度を社員が「自分の成長の為のツ...

グランディール様

2021.03.11

株式会社グランディール

人事評価アワード2020 あしたの給...

札幌アポロ様

2021.03.11

札幌アポロ株式会社

人事評価アワード2020 エンゲージ...

コンヒラ様

2021.03.11

株式会社コンヒラ

人事評価アワード2020 給与アップ...

サンズ様

2021.03.11

株式会社サンズ

人事評価アワード2020 管理職育成...

平田工房様

2021.03.11

有限会社平田工房

人事評価アワード2020 生産性向上...

DeNA様受賞のお写真

2021.03.11

株式会社ディー・エヌ・エー

人事評価アワード2020 最優秀賞 ...

株式会社柏野経営様

2021.03.11

株式会社柏野経営

人事評価アワード2020 あしたの給...

あしたのチームのホームページはこちら

人事評価サービス業界No.1。あしたのチーム。

あしたのクラウドはこちら

みんなの「納得」につながる人事評価クラウド。