ホーム > 経営者・人事部向け > HRとは?人事部との違いや業務内容、HR Tech(HRテック)について解説

HRとは?人事部との違いや業務内容、HR Tech(HRテック)について解説

HRとは、人事や総務に該当し、人的資源に関する業務全般を意味します。

ただし、人事総務とは全く同じ考え方ではなく、実務においては両者を区別して扱うことが大切です。

今回は、HRの基本的な意味や人事部との違い、具体的な業務内容やHRを技術的に支える「HR Tech」を紹介します。

HRとは

HRとは「Human Resources」の略で、人的資源全般に関係する業務を指します。

いわゆる人事部や総務部といった管理部門がHRの機能と近いとされていますが、あえてHRと呼ぶ時は人材の採用、開発・育成、評価、マネジメントなど、人的資源を軸として幅広い役割を意味する点が違いです。

HRの基本的な考え方は、社員を単に労働力として捉えるのではなく、企業にとっての資産と解釈している点にあります。

企業における資産には、ヒト、モノ、カネ、情報、時間などさまざまな種類がありますが、最も重要なのは人材です。

どれほど設備や資金に恵まれていたとしても、それを扱う人物に能力や意欲が欠けていれば資産を有効活用することはできません。

HRとは、人的資源を企業の中核的な資産と位置付けた上で、人の能力を引き出すことを使命とする仕事です。

HRと人事部の違い

HRは、日本においては「人事」や「総務」などと同一のものと解釈される傾向がありますが、実際には考え方は大きく異なります。

日本の一般的な人事部や総務部は、人材の採用や労務管理といった機能によって定義されていることが少なくありません。また、人事・総務部門の機能とは、人事評価、労務手続き、勤怠管理、給与計算といった管理的な業務と解釈されていることが普通です。

一方、HRとは人的資産の活用を軸としており、個別の機能そのものによって定義されているわけではありません。むしろ、資産価値の最大化や事業への貢献を主なミッションと捉えており、そのために包括的な施策を実施することがHRの役割なのです。

HRの業務内容

先述の通り、HRは人的資源の活用をミッションとしており、どのような企業にも当てはまる普遍的な業務内容が定義されているわけではありません。

しかし、HRにはいくつか基幹的な役割があり、多くの企業においてHRがこれらの業務を担当しているのが一般的です。ここではHRの主な業務内容を紹介します。

人事戦略の策定・実行

組織や個別社員の力を引き出し、事業を推進するために、人事面の企画を策定して遂行することが重要な業務です。

人事面の企画には、さまざまな種類があります。例えば、事業の成長を見越して採用人数を想定して備えておく採用計画、事業の統廃合プランをもとに既存人員の調整を図る配置転換計画、長期的な成長を促し企業の幹部候補を育成する人材開発計画など、挙げれば限りがありません。

いずれにしても、企業のビジョンや中長期計画、事業計画などをもとに、逆算して人事面のプランを立て、人的資産の点から企業の方針をサポートすることがHRのミッションなのです。

人的資源の獲得

人材の採用もHRの重要な業務です。

優秀な人材を確保することは、事業の推進の点でも、マネジメントの点でも欠かせません。

事業を成功させるためには、事業を担う人材がいなければ業務が回りませんし、実務担当者がいてもその能力と意欲を引き出し適切に配置する管理者がいなければ組織は機能しないのです。

企業にとって人材は必要不可欠な存在であり、必然的にHR担当者にとっても人材の獲得は最も重要な役割の1つといえるでしょう。

人材の獲得については、新卒採用や中途人材の募集の他、幹部人材に関してはヘッドハンティングなどの手段を選ぶこともあります。

人的資源の開発

人材開発も役割の1つです。

HR担当者としては、ただ人的資源を確保するだけでなく、人的資源の価値の最大化、つまり人材育成も実現しなければなりません。

入社当初は潜在能力の高い人材であったとしても、その後の育成が疎かで実力が発揮できなかったり、モチベーションを引き出せなかったりといった失敗は避ける必要があります。

新人については、まずは与えられた業務をこなして自分で行動できる人材を育成することが大切です。

管理職以上については、企業の成長を担う幹部候補人材も育成する取り組みが求められます。こういった人材開発もHRが担当すべき仕事です。

労務管理・環境整備

労務管理や労働環境の整備も重要です。

一般的に、日本において労務管理といえば就業規則の見直しや雇用契約の手続き、福利厚生の提供といった、事務的な業務が想像されます。

環境整備については、オフィスの衛生管理やメンタルヘルス、健康管理といった管理業務と認識されることも少なくありません。

しかし、HRではあくまでも人的資源の活用を図る観点からこういった取り組みを進める必要があります。

例えば、社員のパフォーマンスを最大化するような福利厚生の提案や、あるいは生産性を高めるためのテレワーク環境の整備とそれに伴う人事評価システムの調整といった仕事が考えられるでしょう。

HR Tech(HRテック)とは

HRテックとは、HRとテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語です。

人材採用や育成、人事評価、勤怠管理といったHRの領域にテクノロジーを導入することで課題解決や業務の抜本改革を図る考え方と、あるいはそれを実現するためのサービスを指します。

HRテックは、働き方を巡る変化テクノロジーの進化という2つの背景によって近年注目を集めている状況です。

働き方については、入社した企業で一生涯働くことを目指すよりも、専門的なスキルを磨いて市場価値を高めることで自分が望むキャリアの実現を目指す働き手が増加。

企業側も、総合型人材よりも専門的な人材へのニーズを高めており、従来の終身雇用や年功序列といった日本型雇用の形が崩れ始めています。

また、テクノロジーも劇的に進化。ビッグデータや人工知能(AI)、クラウドといった技術により、人事業務の効率化や改革に対してシステムが果たす役割が大きくなりつつあります。

つまり、働き方が変化しつつあり、それに対応するようにHR業務をサポートする革新的なサービスが次々生み出されていることによって、HRテックはますます注目されているのです。

HR Tech導入のメリット

HR Techを導入すると、業務効率化や品質向上など、さまざまなメリットがあります。ここでは3つのメリットを紹介します。

定型業務の効率化

HR Techを活用すれば、従来から行なっていた定型業務を効率化できます。

人事関連業務には、勤怠データの集計や給与計算、応募書類の確認など、さまざまな事務仕事があるものです。これらは必要な仕事ではあるものの、多大な労力がかかり、担当者の負担は少なくありません。

HR Techでは、定型業務の自動化を得意としています。集計や分析といった手間がかかる作業を大幅に効率化し、余った時間を人事企画などの重要業務に配分することができるのです。

業務品質の向上

業務品質が向上する効果も期待できます。

例えば、データの集計や入力などを手作業で実施している場合、どうしても計算ミスなどが付きものです。

しかし、HR Techによって機械化すれば、ヒューマンエラーがなくなるだけでなく、計算ミスをチェックする手間なども削減できます。

また、人が作業することによるブレを抑える効果もあるでしょう。人材採用では、膨大な応募書類をチェックする必要がありますが、人が行う場合はどうしてもバイアスがかかったり、項目を見落としたりするリスクがあります。

一方、人工知能などによって機械化すれば、常に同じ品質で書類をチェックし、なおかつ高速化ができるのです。

人的資源の強化

HR Techによって、人的資源の強化にもつながります。

HR Techは、効率の面でも、品質の面でも人事関連の業務をサポートする技術です。

HR Techを活用すると、既存の業務を効率化することでHR担当者はコア業務に集中できるようになり、人的資源の価値を引き出す施策の立案・実行にリソースを割くことができます。

また、従来は活用できなかった人事データを収集・分析することで、より精度の高い人事戦略を策定することもできるようになるでしょう。

このように、HR Techは技術に裏付けられたシステムによって、HR担当者が本来の役割を果たすことをサポートするのです。

人事評価もクラウド化を

HR担当者の業務を効率化・高品質化するためには、HR Techといったサービスを活用することが効果的です。

人事評価クラウドシステムもその1つで、活用すれば人事評価制度の構築や運用業務をサポートします。

「あしたのクラウド」は、人事評価制度運用を効率化するためのクラウドシステムです。HR領域で品質改善や業務効率化を目指す際は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート