will-can-mustとは?フレームワークを活用するメリットやシートの書き方について解説

人事制度において、多くの企業がwill-can-mustの考え方を取り入れています。

この記事ではwill-can-mustの詳細やフレームワークを活用するメリット、シートの書き方について解説します。

will-can-mustとは?

will-can-mustとは、ビジネスにおいてモチベーションを維持したり成果を出しやすくしたりするためのフレームワークです。別の表現をすると「やりがいを持って仕事をするために必要な要素」ということです。

従来、仕事は上からの指示を受けて行うトップダウンの方式が多く見られました。しかし、年功序列や終身雇用が崩壊した現状では、定期的な昇給や昇格は望めず、老後の年金生活に不安を覚える人も少なくありません。

長い下積みを経てある程度の年齢で管理職へ昇格し、多額の退職金を得て優雅な年金生活を送ることがモチベーションとなっていた人にとっては、厳しい実情です。

そこで必要になるのが仕事のやりがいや満足感です。will-can-mustの考え方は、3つの輪が重なり合うところに仕事の満足感が生まれ、重なりが大きいほど満足感が高くなるというものです。

そうはいうものの、このようなフレームワークをひとりで実行するのは限度があります。will-can-mustも、ひとりよりもグループで行うほうが効果的とされています。

ここからは、will、can、must、それぞれの意味や必要とされる理由を解説します。

Will

Willが意味するものは「希望」です。ビジネスにおいては「何を実現したいか」であり、動機や欲求、志など、働く目的に直結するものでもあります。

たとえば、ある人物がビジネスドラマを見て「このドラマに出ている主人公のような仕事ができる人になりたい」と思うのがWillです。

次に「仕事ができる人になったら信頼できる仲間を増やしたい」「いずれはその仲間と起業したい」など、次々とやりたいことが見えてくるでしょう。

これらはすべて、今、目の前にある仕事をするためのモチベーションにつながります。仕事は、目的や目標があるからできるのです。もちろん、自分のWillを達成するためにはいくつものハードルがあります。

先の例で考えるのなら「仕事ができる人は元からオーラがある」「いい人だけれど本当に信頼できるか見極められない」「起業には当然リスクが伴う」などです。

しかし、これらのできない理由を考え始めるとキリがありません。なぜなら、状況は刻々と変化するものだからです。

大きな自然災害が起きれば計画通りに物事は進まなくなりますし、結婚や出産といったライフイベントが訪れることもあります。Willを考える際には、状況やリスクは抜きにして純粋に何がやりたいかを考えましょう。

Can

Canが意味するものは「強み」です。人はみんな、それぞれ異なる強みを持っています。どんなに自分は平凡な人だと思っていても強みはあるものです。

強みは大きく2つに分かれます。専門的な知識や技術など、特定の業種で生かせるものと、コミュニケーション能力の高さや他人への思いやりなど、業種や職種、企業を問わずに生かせるものです。もちろん、どちらの強みも持っているという人もいるでしょう。

自分に何ができるかわからないという人は、入試や就職試験の面接を思い出してみましょう。

「あなたの長所と短所を教えてください」という質問に返した答えが、当時から変わらない自分の強みです。「短所は優柔不断なこと」と答えていても、協調性や傾聴力という言葉に変えるだけで強みになります。

自分のCanを考えることは自分を知ることです。たとえば「500円のコーヒーと3000万円の家、自分はどちらが顧客に売りやすいか」と考えたとき、意外にも3000万円の家を売るほうができそうだと考える人は少なくありません。

これは、500円のコーヒーを売れる人は接客スキルが、3000万円の家を売れる人は営業スキルが高いことを意味します。

このように、Canを知るということは自分にはどのような仕事が向いているのかを考えるきっかけにもなります。

Must

Mustが意味するものは「使命」です。WillやCanは、あくまでも自分を主軸として考えるのに対して、Mustはその逆です。自分が周囲から何を求められているのか、何をやるべきなのかを客観的な視点から見てみましょう。

Mustが必要な理由は、自分がやりたいことと周囲の期待がずれていないか確認するためです。

たとえば「1000万円の売上をあげる」という目標を、自分も周囲も共有していたとします。しかし、自分は500万円を2件獲得したいと思っているのに対し、周囲は250万円を4件獲得してほしいと思っていることがあります。

500万円を支払う顧客は、その後も企業に利益をもたらす上顧客になるかもしれません。上顧客を獲得することは、営業として満足度が非常に高いものです。

一方、企業側はその後の戦略として、低価格帯の商品を主軸にしようとしており、利益を出すためにはより多くの顧客を獲得する必要があると考えます。

このように、数値的な到達点が同じでも目的に対する認識が異なると、自分が想像したよりも低い評価になってしまうこともあります。Mustを考える際には、自分がやりたいことはさておき、周囲が自分に求めていることを冷静に判断しましょう。

will-can-mustのフレームワークを活用するメリット

will-can-mustのフレームワークを活用することで得られるメリットは、チームのパフォーマンスが向上することです。

チームに所属する個人が自分について深く知り、チームの一員としてできること、するべきことを明確に把握することで、チームの方向性も定まります。

このメリットを最大限に生かすためには、チーム内でのコミュニケーションが必要不可欠です。私語厳禁、与えられた仕事を期限内にこなすというスタイルも悪くはありませんが、チームとしての力を発揮することは難しいでしょう。

その点、will-can-mustのフレームワークでは、グループ学習や研究集会など、お互いのwill-can-mustを理解し合いながら仕事を進めます。結果として、チームのパフォーマンスは向上し、ひとりでは成しえない目標も達成可能になります。

will-can-mustは、従業員のみならず企業側にとっても大きなメリットをもたらします。

異動や昇格等を含めた人事制度にwill-can-mustのフレームワークを導入すれば、従業員のモチベーションや目指す将来像などを明確に把握でき、客観的な視点による適材適所の人員配置も可能になるでしょう。

will-can-mustの活用方法

will-can-mustは、頭の中で考えているだけではあいまいなイメージで終わってしまうことも少なくありません。このフレームワークを有効に活用するためには、シートを作成し、文字に起こしてみることです。

シートの形式にルールはないものの、もっともわかりやすいのはwill、can、mustの3つをグループとして分ける形式です。

グループは罫線で仕切ってもいいですし、大きな〇を3つでもいいでしょう。その中に、自分が考えるwill、can、mustを書き込んでいきます。

ここで大切なのは、それぞれの要素に集中して考えることです。canの欄に記入しているときに「willの欄にも書いたから、これは書かなくていい」などということを考える必要はありません。なぜなら、will、can、mustは重複して当然の要素だからです。

たとえば、ホテルのフロントで働いている人が、willの欄に「海外からのお客さまにもレベルの高いサービスを提供したい」と書いたとします。canが「英会話が得意」であった場合、したいこととできることが一致している状況です。

言い方を変えれば、今すぐにでも実行可能であり、むしろ現時点でその人の接客は一定のレベルに達しているかもしれません。

しかし、mustが「精算時の会計処理を迅速化する」であった場合、企業側は多言語を話せる人よりも会計処理が速い人をフロントスタッフとして求めているということになります。

そのため、この従業員が企業に求められているスタッフになることは難しいでしょう。フロントカウンターの仕事よりも、ベル係やインフォメーションの仕事をする、あるいは外資系ホテルに転職するほうが、キャリアを考えるうえでは有効です。

同様に、canとmustが一致している場合は、企業が求めるスタッフではあるが自分が目指す将来像への道が見えず、精神的なストレスを感じやすくなります。決して好ましい状況ではないため、willとcanが一致する要素はないか今一度見つめ直すことも大切です。

理想は言うまでもなく、will、can、mustがすべて一致していることです。一方で、このようなケースは決して多くありません。

自分のwill、can、mustが一致していなくても悩まずに「それならどうすればいいのか」を考えるステップにすることがwill-can-mustの有効な活用法です。

まとめ

will-can-mustは自分を見つめ、仕事に対するモチベーションを向上させる有効な考え方です。一方で、人事評価制度のトレンドは刻々と変化しており、適切な評価が難しくなっている実情もあります。

「あしたのチーム」では人材育成や企業成長のために必要なチームづくりを支援しています。ぜひシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3500社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

あした式人事評価シート