トレードオフとは?二律背反・機会費用との違い、ビジネスでの使い方を説明

トレードオフという言葉を聞いたことがあっても、正確にはどのような意味なのか、二律背反や機会費用との違いも含めて気になるのではないでしょうか。

特にビジネスシーンで使われやすい言葉ですから、人事部の社員は「トレードオフのビジネスでの使い方」は押さえておきたいところです。

そこで今回は、トレードオフの意味や類似用語との違いだけでなく、ビジネス上の具体的な事例についても紹介します。

トレードオフとは

トレードオフ(trade-off)とは、両立できない関係性を指します。「一方を選択すれば別な片方を失う」ということです。

言い換えると、「一方を達成するためにはもう一方を犠牲にしなければならない」という関係がトレードオフです。

主にビジネスシーン、マーケティングで使われる言葉ですが、下記のような使い方の事例もあります。

「失業問題を解決するために景気拡大政策を選択すれば物価問題が深刻化する。逆に物価を抑えるために景気縮小政策を選択すれば失業率がアップする」

この場合の「失業問題」と「物価問題」がトレードオフです。失業問題を解決すれば物価問題が深刻化するけれども、物価問題を解決すれば失業問題が深刻化するため、「一方を選択すれば別な片方を失う」という関係性が生まれているのです。

なお、ビジネスシーンの主なトレードオフには、高品質と低価格の両立などがあります(詳しくは後述します)。

トレードオフと二律背反・機会費用との違い

トレードオフに近い用語に「二律背反」と「機会費用」があります。それぞれの意味とトレードオフとの違いについて解説します。

二律背反

二律背反は哲学者カントの用語「アンチノミー」の訳語として知られる哲学用語で「互いに矛盾する二つのものが存在すること」を指します。

それに対してトレードオフは「両立できない関係性」を意味する言葉ですから、二律背反とトレードオフは似ているようで異なります。

なお、トレードオフは日本語で「二律背反」と訳されることがありますが、上記のように厳密には意味が違うので注意してください。

機会費用

機会費用(機会損失)もトレードオフに近い言葉で、「一方を得たいがために放棄した利益」を指します。言い換えると「一方を選んだことで失われてしまった片方の利益」となるでしょう。

トレードオフと似た言葉ですが、トレードオフが「一方を選択すれば別な片方を失う関係性」を指すことに対して、機会費用は「失われた片方の利益」ですから、意味は異なるのです。

トレードオフの具体例

トレードオフ(一方を選択すれば別な片方を失う関係性)の具体例を紹介します。まずは「労働によるお金と時間の関係性」を考えてみましょう。

労働時間を増やせば多くの賃金を得られますが、自由に使える時間は減少します。逆に自由な時間を増やすと得られる賃金は少なくなります。この場合の「お金」と「時間」の関係性がトレードオフに該当します。

「高カロリーな食生活と健康」も同様です。

一般的に高カロリーな食生活によって食の満足度はアップしますが、体重が増えて健康に支障が生じると考えられます。逆に健康を意識してダイエットを行えば、食の満足感は減るでしょう。

この場合の「高カロリーな食生活」と「健康」の関係性もトレードオフと考えられます。

最後に生物学におけるトレードオフを見てみましょう。

カエルやサンショウウオのような両生類は一度に多くの卵を産みますが、犬や猫のような哺乳類の子供の数は限られています。これは「繁殖力」と「生存力」のトレードオフと考えられます。

両生類は繁殖力が強いものの外敵が多くて生存力が弱い。逆に哺乳類は外敵が少ないので生存力は高いものの繁殖力は弱い、という関係性です。

このようにトレードオフは、私たちの日常で頻繁に起こっている概念と言えます。

トレードオフのビジネス上での使い方

次にビジネス上のトレードオフの使い方を紹介します。典型的な例として「高品質と低価格の関係性」があります。

基本的に消費者は、品質が良くて低価格な商品を求めます。企業としても可能なら「高品質かつ低価格で商品やサービスを提供したい」と考えるのではないでしょうか。

しかし企業が品質の高さにこだわれば、原価や人件費がかさんで高額になり、逆にコストカットして安さを追求すれば、品質は低下するのが一般的です。

この場合の「高品質or低価格」という企業の選択がトレードオフと言えます。

他にも「製品の在庫を減らせば販売機会を失うが、在庫を増やすと人件費がかさむ」といった場合の「在庫と需要の関係性」もトレードオフと考えられるでしょう。

ただしビジネスシーンでは、トレードオフの解消によってパラダイムシフトが起こることがあります。

仮に「高カロリーかつ健康な食事」を提供できれば大きなヒットが見込めますし、「高品質かつ低価格な商品」も同様です。

このようにビジネス上の課題がトレードオフと結び付いていることも多いため、解消することで新しいビジネスチャンスに繋がる可能性があるのです。

あなたにおすすめのお役立ち資料を無料ダウンロード

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料ebookプレゼント】これであなたも3割アップ!給料を上げる思考のクセ

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料eBookプレゼント】失敗しない会社選び7つのポイント

あしたのチームのサービス

導入企業3500社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

あした式人事評価シート