管理職が人材を育成する上で必要な目標設定とは?

(写真=shimi / PIXTA)

管理職の方であれば、「人材育成には目標設定が大切」という言葉をよく耳にするでしょう。実際には、管理職である上司が部下にどのような目標を設定することが正解なのでしょうか。

本記事では管理職の悩みである人材育成における適切な目標設定の仕方について解説していきます。管理職の方は、社員が適切な目標を設定できているのかを今一度確認してみましょう。

管理職が理解するべき目標設定が重要な理由

人事や管理職の方であれば、社員に目標設定させる意味を理解しておく必要があります。まずは人材育成において目標設定が重要な理由について解説していきます。

業務へのモチベーション向上

部下にとって、日々の業務は時には退屈なものであったり、時には辛いものであったりもします。そんな時に業務のモチベーションを維持してくれるのが目標です。上司と共に目標を設定しておくことで、部下は自分が今何のために頑張らなくてはいけないのかを認識することができます。

目標の達成度合いから社員の成長を把握できる

人材育成において、部下の成長は定量的な評価がしづらい部分です。しかし目標の達成度合いは、上司にとって部下が着実に成長できているかどうかを判断する大きな判断材料になります。大きな目標を達成した部下は、目標に向かって努力をする過程で成長したと言えます。

個々の目標が会社全体の目標に繋がる

会社として事業を行っている限り、会社全体として何かしらの目標があるはずです。しかし会社全体としての目標は、社員1人1人の努力なしでは達成できません。

上司は会社全体の目標に基づいた個人の目標を部下と共に設定し、それに向かって努力をするサポートを行うことで、結果として会社全体としての目標を達成することに繋がります。

管理職が部下の目標設定をするときポイント

目標は社員1人1人が好き勝手設定すれば良いというものではありません。人材育成をする立場であれば、社員が正しい目標を設定できるよう促していく必要があります。ここでは、人材育成における目標設定のポイントについて紹介していきます。

具体的であること

抽象的な目標は、具体的にどんな行動をすれば良いかという部分が見えてきません。目標設定をする際は、どんな行動をし、どんなことを達成するのかを明確にすることが大切です。目標の中に具体的な数値が含まれているとなお良いでしょう。

達成可能であること

高い目標を設定することは良いことですが、いくら努力や工夫をしても達成できないような目標では意味がありません。あまりに高過ぎる目標は途中で挫折してしまう可能性があり、モチベーションの低下にも繋がります。目標は努力や工夫次第で達成できるレベルに設定することが大切です。

定量的な評価ができること

目標を設定させるのは、社員の努力や成長を評価するためでもあります。従って達成度合いを定量的に評価できない目標では意味がありません。定量的な評価をするためにも、目標には具体的な数値や成し遂げるべき事項が含まれている必要があります。

期日が明確であること

人は「いつでも大丈夫」と言われると、ついつい行動を後回しにしてしまうものです。「いつまでに何をやる」という明確な期日が決まっているからこそ、行動を起こすことができます。目標についても同様で、目標には明確な期日を盛り込むことが大切です。

管理職が目標設定後の運用を成功させるには

部下との間で目標設定をしたら、その後の運用もきめ細やかに行うことが、目標達成の実現には必要です。

部下との認識合わせや、定期的なふり返りなどを行わないと、せっかく設定した目標も、制度として機能しなくなってしまいます。結果として目標が達成できなかった場合、部下はモチベーションを余計に損ねてしまうかもしれません。

部下と共に目標管理をする上で、人事評価のクラウドツールを導入するのが効果的です。

「あしたのクラウド」はクラウド上で目標設定を常に共有できるツールで、お互いの認識を見える化できるため、目標達成に導きやすくなっています。

詳しくはこちらもご覧ください。

あしたのクラウド™HRサービスガイドダウンロード
導入企業3,000社の実績と12年間の運用ノウハウ。他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。 目次 あしたのクラウド™H...

管理職は目標設定から部下の成長を促す

本記事では管理職に向けて、人材育成における適切な目標設定の仕方について解説しました。記事の中でも紹介したように、人材育成においては部下自身に適切な目標を設定させることが大切です。

特に管理職の方は、社員に適切な目標設定を促す役割を担っています。目標があることで部下は個人的にも成長することができるし、会社としても利益を生み出すことに繋がります。

また、管理職の方は部下のことだけでなく、自分自身の目標設定をすることも大切です。あしたの履歴書®管理職篇では、成長したい管理職の方に向けたプログラムの研修を提供しています。

詳しくはこちらからご覧ください。

あなたにおすすめのお役立ち資料を無料ダウンロード

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】コーチングとは?企業の人材育成を成功させるビジネスコーチングの活用方法

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】知っておきたいボーナスのすべて

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】どう決めるべき?企業のボーナス

あしたのチームのサービス

導入企業3500社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

あした式人事評価シート