すぐ辞める最近の若者…新入社員が「辞めたい」と言った時の対処法は?

(写真=Elle Aon/Shutterstock.com)

せっかく採用した新入社員や若手社員が、「辞めたい」と言ってきた経験は、人事に携わっている人なら一度くらいはあるかもしれません。せっかく採用した人材が辞めてしまうのは、会社にとっても大きな損失になります。

ここで考えたいのは、彼らはなぜ簡単に「辞めたい」と言うのかということです。辞めたいと言われた時の対処法も併せて紹介します。

新入社員が辞めたいと言ってきた

厚生労働省の調査によると、3年以内に離職する割合は、大卒では30%前後の状態が続いています。このように、「辞めたい」と言い出すのは、最近の新入社員に限った話ではありませ ん。

しかし、有効求人倍率の増加が示すように、第二新卒を含め 転職マーケットは賑わっています。そのため、新入社員であっても「次の仕事先がある」と考える人も多いのでしょう。

辞めたいという新入社員の心理は?

実際、「辞めたい」と思う新入社員は、どのような心理状態なのかを考えてみましょう。

新入社員の多くは、「仕事を通して自分が成長したい」という思いを抱いています。また、「仕事がうまくいくかどうか分からない」「上司や同僚との関係をうまく保っていけるか分からない」などの不安を抱えています。 期待が裏切られた時や、不安が的中したときに、「この会社は自分には合わないのではないか」と彼らは感じるのです。

特に仕事の場合、華やかな職種や業界に憧れを持って入ってきたのにも関わらず、実際は、新入社員に割り当てられる仕事は地道な作業も多く、「こんなはずではなかった」と思うことも多々あるかもしれません。彼らはこういったギャップに悩みを抱えてしまっていることを理解しておきましょう。

どのように新入社員に対応すればよい?

では、実際、彼らが「辞めたい」と言ってきたら、どのように対応すればよいのでしょうか。

ポイントは、「すぐに引き留める」でもなく、「すぐに受領する」でもなく、「まずは彼らの悩み、迷いを聞く」ということです。新入社員の場合、会社に具体的な不満があるというよりも、「なんとなく不安」を抱え、「このままうまくいくかどうか分からない」といった感情を抱いていることが大半でしょう。そのため、彼らの言動にすぐアクションするのではなく、まずは、彼らが抱えている悩みを聞き出し、先輩として、何らかの解決策がないかを一緒に考えてあげることが、最も良い対応だと言えるのではないでしょうか。彼らも先輩や上司に相談するこ とで、自分の考えが整理でき、「また頑張ってみよう」と、辞めることを思いとどまるかもしれません。

もう1つポイントとして挙げられるのは、彼らが辞めると言う前に、悩みを引き出しやすい環境を作ることも同じくらい重要だということです。「辞めたい」と一度言ってしまうと、引っ込みがつかなくなるということもあるかもしれません。そうならないように、悩みを打ち明けることができるメンター制や、定期的な面談の場を設けるなどの工夫をしていくことで、「辞めたい」という気持ちを抱く新入社員の数を減らすことができるかもしれません。

とはいえ、過度に意識するのもよくないでしょう。上述したように、新入社員の3割は、3年以内に離職しているのです。雇用にミスマッチが起こるのは仕方のないことでもあります。辞めさせないことを意識するあまり、人材育成や組織のバランスに影響がでないようにしましょう。

新入社員は悩みが多いもの。うまく悩みを聞いて、彼らの不安を取り除こう

思えばあなたも、新入社員の頃は、何らかの悩みを抱えながら仕事をしていたのではないでしょうか。学生から社会人に変わり環境の変化も大きい中で、新入社員が悩むのはある意味当然と言えるかもしれません。

そんな彼らが退職の道を選ばないよう、できるだけ今の仕事を続けることができるように、悩みを引き出せる環境を整えながら、彼らの不安を取り除くことに注力していきましょう。結果、「もう少しこの仕事を続けてみよう」という気持ちの変化を起こすことも可能になるのではないでしょうか。

無料eBook ダウンロード

>>【無料eBookプレゼント】生産性を上げ、利益を3割上げる 人事評価制度の活用術

【オススメ記事】
組織の生産性向上に欠かせないPDCAとは?
やりがいを求める若手社員。今と昔の違いは?
社員の能力を発揮させて業績アップが人事評価の基本
年収を上げたいと思われる社員になる秘訣
残業しない社員が評価される社会は来るのか?

あなたにおすすめのお役立ち資料を無料ダウンロード

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】コーチングとは?企業の人材育成を成功させるビジネスコーチングの活用方法

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】知っておきたいボーナスのすべて

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】どう決めるべき?企業のボーナス

あしたのチームのサービス

導入企業3500社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

あした式人事評価シート