バーターとは?類語や使い方、石油事業での事例を紹介

ビジネスシーンで耳にする「バーター」や「バーター取引」という言葉。その意味をきちんと理解しておけば、顧客と新しい形での取引を行なうきっかけになる可能性もあります。

そこで今回の記事では、バーターという単語の意味、類語、使用方法や具体的な事例を紹介していきます。

バーターのイメージ画像

バーターとは

バーターは「交換する」「物々交換」「交換条件」を意味する言葉で、英語の「barter」が語源とされています。ビジネスシーンでは、金銭のやりとりではなく、互いの商品やサービスを交換することで行なう取引を「バーター取引」といいます。

なお、芸能界におけるバーターとは「知名度の高い人物と、そうでない人物をセットで売り出すこと」をいい、ビジネスシーンにおける意味合いとはニュアンスが異なります。

バーターの類語

バーターに似た言葉には、次のようなものがあります。

・抱き合わせ
売れている物やサービスと、そうではない物やサービスをセットにして売り出すこと。

・トレード
物と物、人と人を交換することや、売買の取引をすること。また、プロ野球などにおいては、選手の交換や移籍を行なうことをいいます。

・チェンジ
交換したり交代したりすること。その他にも、両替するという意味などもあります。

・代物替
江戸時代の長崎で行なわれていた、海外貿易の取引方法です。代物替ではお互いに提供する商品の金額が同じようになるよう、数量を調整して物々交換を行ないます。

バーターの使い方

バーターは顧客に対しても、社内の人物に対しても使用できる単語です。例えば下記の通り使用します。

<顧客や取引先などに対して使用する場合>
・弊社の商品と、御社の商品をバーターしてください。
・バーター取引の条件を再度検討していただけないでしょうか?

<同僚や部下をはじめ、社内で使用する場合>
・あなたと私の仕事をバーターしませんか?
・A社とのバーターによる取引が成立しました。

なお、バーターという単語を用いなくても、「うちのサービスを提供するので、御社の商品をいただけませんか?」「あなたの代わりに書類作成を行なうので、午後の会議の進行役を代わって欲しい」といった、物々交換や交換条件の交渉を行なう取引は、バーターによる取引と言えます。

バーター取引の事例

様々な業界や企業で行なわれているバーター取引ですが、特に石油業界では活発にバーター取引が行われています。

具体的な取引内容としては、石油会社間で互いに同量・同価格の石油製品(ガソリン、灯油、軽油など)を融通しあうというものです。

もともと石油製品は、下記のような流れで利用者の手元に届きます。

製油所(石油製品を製造する施設)

油槽所(一時的に石油製品を貯蔵する施設)

各地のサービスステーション

利用者

ただこの流れでは、各地のサービスステーションに石油製品を届けるために、多くの地域に油槽所を保有する必要があります。

そこでバーター取引をすることで、互いの製油所から直接各地のサービスステーションへと石油製品を輸送できるようにしたのです。

それにより物流コストを削減できたり、エネルギーを安定的に供給しやすくなったりと、互いにとって良い効果が得られるようになりました。

ビジネス全般に関連したおすすめセミナーのご案内

あなたにおすすめのお役立ち資料を無料ダウンロード

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料ebookプレゼント】これであなたも3割アップ!給料を上げる思考のクセ

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料eBookプレゼント】失敗しない会社選び7つのポイント

ビジネス全般の課題を解決するサービス紹介

あしたのチームのサービス

導入企業3500社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

あした式人事評価シート