ホーム > 経営者・人事部向け > 障害者雇用を推進するノーマライゼーションとは?意味や厚生労働省の理念を知っておこう

障害者雇用を推進するノーマライゼーションとは?意味や厚生労働省の理念を知っておこう

(画像=AndreyPopov/iStock)

「ノーマライゼーション」という言葉は、近年企業が障害者雇用を促進させるうえで重要な概念として注目されています。

基本的な捉え方を押さえるとともに、その歴史や厚生労働省が掲げる理念についても把握しておきましょう。

ノーマライゼーションとは?

ノーマライゼーションとは福祉用語の1つであり、障害者や高齢者などがほかの人と平等に生きるために、社会基盤や福祉の充実などを整備していく考え方を指します。

社会的な立場が弱い人たちの生活を通常の社会環境に近づけ、誰もが自分らしい生き方を追求できるのが理想の社会。

障害者や高齢者も社会的な役割を担い、同時に社会が支援していくことが重要であるという考え方です。

ノーマライゼーションの意味

ノーマライゼーション(normalization)は、「標準化」「正常化」という意味があり、それまで特別に行われていたものを一般化していくという考え方を示します。

元々は社会福祉の用語であり、障害者や高齢者といった社会的な弱者に対して特別視せずに、誰もが社会の一員であるといった捉え方をするのがノーマライゼーション。

社会的弱者に変化を求めるのではなく、社会のあり方そのものを変えることで、社会的弱者が生きがいを見つけ、役割を担っていける社会をつくりあげる必要があるという発想です。

ノーマライゼーションの歴史と厚生労働省が掲げる理念

ノーマライゼーションは、1959年にデンマークで知的障害者福祉法が成立したことで、欧米社会で広く認知されるようになりました。

この法律では、知的障害者に対して一般人と同じ権利が保障され、ノーマライゼーションという言葉が用いられています。

概念の広がりによって知的障害者だけでなく、ほかの障害者や社会的な弱者などにも対象範囲が拡大。

日本では厚生労働省が、障害の有無にかかわらずに多くの人が地域社会において活躍できる社会の構築を政策として掲げており、ノーマライゼーションの理念に沿って障害者の自立と社会参加の促進に取り組んでいます。

ノーマライゼーションの歴史

ノーマライゼーションは、N・E・バンク=ミケルセンによって提唱されたものであり、「どのような障害があろうと、一般の市民と同等の生活と権利が保障されなければならない」をいった考え方が示されています。

その背景には、デンマークの知的障害者施設において、障害者たちが非人間的な扱いを受けていることが問題視されたことにありました。

それが社会的な運動に発展し、知的障害者福祉法の成立という形で法制化されたのです。

その後、ノーマライゼーションの理念は、スウェーデン知的障害児者連盟のベンクト・ニィリエによって整理され、8つの原理にまとめられました。

1969年に発表された定義においては、「社会で主流とされている日常生活のルールや形式にできるだけ近い条件を、知的障害者が得られるようにする」というもの。彼がアメリカにこの考えを広めたことによって、ノーマライゼーションの概念が世界中に広まっていきました。

ノーマライゼーション8つの原理

ノーマライゼーションの8つ原理として、次のものが掲げられています。

  • 1日のノーマルなリズム
  • 1週間のノーマルなリズム
  • 1年間のノーマルなリズム
  • ライフサイクルにおけるノーマルな発達的経験
  • ノーマルな個人の尊厳と自己決定権
  • その文化におけるノーマルな経済水準とそれを得る権利
  • その社会におけるノーマルな経済水準とそれを得る権利
  • その地域におけるノーマルな環境形態と水準

これらの原理がすべて達成されたときに、知的障害者は一般社会において同様の生活を送れていると定義されているのです。

バリアフリー・ユニバーサルデザインとの関係性

ノーマライゼーションの概念を具現化するものとして、「バリアフリー」「ユニバーサルデザイン」といったものがあります。

どちらの概念も、社会の仕組みに合わせて障害をもつ人自身を変えるのではなく、障害者がありのままに生活できるように社会が変わっていくというノーマライゼーションの発想が根底にあります。

たとえば、駅などの公共施設で車椅子が走行しやすいように障害物を撤去または移動させたり、傾斜のある場所に階段だけでなく専用のエレベーターを設置したりといった対応は、まさにノーマライゼーションの考えに基づいた取り組みといえるでしょう。

バリアフリーとは

「バリアフリー」は、障害者や高齢者といった社会的弱者が日常生活を送るうえで障害となるものを取り除いていく取り組みです。

足の不自由な人のために建物の段差を無くしてスロープを設置したり、目が不自由な人のために音声案内を導入したりといったことがあげられます。

また、設備といったハード面の改善だけではなく、「心のバリアフリー」を解消することも非常に重要な要素です。

人々の意識に変化が起こることによって、どんな人も過ごしやすい社会に近付いていくのです。

ユニバーサルデザインとは

「ユニバーサルデザイン」というのは、はじめから誰にでも優しい製品や環境であるためのデザインのことを指します。

そもそも、障害を無くすという考え方ではなく、最初から障壁がなく、使いやすいモノづくりを意識することに重点が置かれています。

この考え方は、ノースカロライナ州立大学のロナルド・メイスによって提唱されたもの。障害の有無やその度合いにかかわらず、できるだけ多くの人が使えるデザインというのが、ユニバーサルデザインの基本的な考え方です。

日本におけるノーマライゼーションの取り組み

日本においては、国連総会が1981年に宣言した「国際障害者年」をきっかけにノーマライゼーションの考え方が意識され始めました。

国や自治体だけでなく、民間企業やNPO法人など多くの団体が活動に参加。教育や福祉、介護といった分野だけでなく、あらゆる領域においてノーマライゼーションの考え方が浸透し始めているのです。

国としても障害者基本法にもとづき、ノーマライゼーションの基本理念に則った政策を策定。1997~2003年には「ノーマライゼーション7カ年戦略」が掲げられ、数値目標をもとにさまざまな取り組みが行われるようになったのです。

障害者雇用促進法

「障害者雇用促進法」は、障害者に就労機会を与え、雇用の安定を図ることを目的とした法律です。

事業主が障害者を雇用する際に守るべき義務を定め、差別の禁止や安全配慮義務などが盛り込まれています。

障害者雇用促進法では、すべての国民が障害の有無にかかわらずに、個人として尊重されることが掲げられています。

そのため、就労の場面においても、雇う側の事業者は、障害者を区別せず、労働者の1人として活躍できる場を提供することが重要であると定められています。

厚生労働省が掲げるノーマライゼーションの理念

厚生労働省においては、障害者の自立と社会参加の促進を目的として、ノーマライゼーションの理念にもとづいた取り組みが行われています。

たとえば、従来行われていた措置制度(行政が利用者に提供する福祉サービスを決める仕組み)を改め、利用者自身がサービスを選び、事業者と直接契約を行う制度(支援費制度)に変更されているのです。

また、障害者が必要なサービスを安心して利用できるように、障害保健福祉に関する総合的な施策を行うための「障害者自立支援法」の成立を実現しています。

社会福祉法人ノーマライゼーション協会

大阪府に拠点を置く社会福祉法人・ノーマライゼーション協会では、「すべての人の人権を基軸としたノーマライゼーション社会の実現」を理念として掲げています。

「生活すること」「仕事すること」「創造すること」「アートすること」から、人々が共に生きる取り組みを進めているのです。

障害者や高齢者の日々の生活や地域福祉を増進させるために、社会福祉事業や各種施設の運営を行っています。

ノーマライゼーションを意識し人事評価制度の見直しを

ノーマライゼーションは障害者や高齢者などが、一般の人と同じように仕事や生活を送っている環境を生み出すことを目的としています。

企業経営においても、ノーマライゼーションの考えを取り入れて、人事評価制度の見直しや労働環境の整備を考えていきましょう。

すべての人が生き生きとした気持ちで働ける職場環境を作っていくことが、企業そのものを強くしていく原動力となるはずです。

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート