ホーム > すべての経営者、人事部に > 健全な企業体制に欠かせないコンプライアンスオフィサーとは

健全な企業体制に欠かせないコンプライアンスオフィサーとは

(写真=ismagination/Shutterstock.com)

企業の健全な発展を望むには、企業の経営理念や倫理を制定・定着させ、法令を遵守するように努めることが大切です。今回は、健全な企業に必要な存在である「コンプライアンスオフィサー」の概要や仕事内容・役割などについて解説していきます。

コンプライアンスオフィサーとは

コンプライアンスオフィサーとは、企業内において適切なコンプライアンスがなされているかどうかを管理する責任者を指します。

コンプライアンスは「法令遵守」と訳されるケースが多いですが、法令はもとより企業の理念・規則などを定着させていくことも重要です。

コンプライアンスオフィサーは、法令・社会的通念が守られているか内部統制を図るうえで重要なポジションです。法令に関する専門的な知識はもちろんのこと、企業理念や社会常識などを理解・管理し、違反があった場合には厳重に対処・処分する責務があります。

コンプライアンスオフィサーが注目される背景

コンプライアンスが注目される背景には、近年の企業内不祥事の増加があります。たとえばデータの改ざんや検査結果の不正処理など、企業全体で不祥事を隠すようなケースが発覚することも少なくありません。

こうした問題が深刻化していることもあり、自社の健全化を目指してコンプライアンスに注力しはじめる企業も見受けられるようになりました。

コンプライアンスオフィサーが企業を厳しくチェックすることで、ときには経営陣以上に社内統制力を発揮することがあります。

近年では企業内にコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス業務の総括を行っているケースも徐々に増えてきています。

コンプライアンスオフィサーの主な仕事・役割

コンプライアンスオフィサーは、業種・所属部門などによって仕事内容が異なるケースもあります。ここでは、コンプライアンスオフィサーの主な仕事・役割についてご紹介します。

社内ルール・ガイドラインなどの作成・管理

内部統制を図るため、適切な社内ルール・ガイドラインなどを作成する役割があります。
具体的には経営理念などを文書化し制定します。

作成するだけでなく、社内に周知徹底させることも重要な仕事のひとつです。
必要に応じて内容の変更・改善を図り、継続的に管理していくことも求められます。

この他には、コンプライアンスプログラム・規定の作成や管理など、社内の従業員が守るべきあらゆる規定の計画・制定などに関わる重要ポジションです。

社内コンプライアンスの監視・調査

コンプライアンスオフィサーの重要業務のひとつに監視・調査があります。これは従業員だけにかかわらず、社長・役職者など、自身より上位の経営陣も対象です。

さらに他部署の役職者などと連携して部署全体の統制を図ることも必要であり、コンプライアンスの責任者として公正・中立の立場であることが求められます。

コンプライアンスに関する社内教育・研修開催など

コンプライアンスは規定を制定するだけでなく周知させるためには教育業務も重要な仕事になります。

従業員に対し、必要に応じて社内教育や研修の機会を定期的に設けるのもコンプライアンスオフィサーの務めです。教育はもちろんですが、従業員からの相談・苦情に対しても適切な対応が求められます。

コンプライアンスオフィサーを配置して万全な企業体制を

近年では大手企業でも重大な不祥事が発覚するケースが少なくありません。
リコール隠しなど、後に企業運営をおびやかす甚大な損害が発生することもあります。

こうしたケースでは、経営陣が知らないところで証拠隠滅などが行われる可能性もあります。企業体質を健全なものにするためにも、コンプライアンスオフィサーを設置することは有益であるといえるでしょう。

【無料eBook】時間外労働の今までとこれから

本資料では、戦後最大の働き方改革が進行する中で、企業が生き残って行くために知っておきたい時間外労働の現状と、これからどう変化するのかという点ついてご紹介しています。

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業2500社の実績と10年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート