Netflix(ネットフリックス)の成長を支える型破りな人事戦略とは?

(写真=stockfour/Shutterstock.com)

DVDの郵送レンタルサービスから、20年余りで世界1.4億人が利用する世界最大の映像ストリーミングサービス企業へ急成長を遂げたNetflix。同社の急成長の源は、トップクラスの人材と企業文化へのアプローチ、さらに継続的な成長を促進する独自の人事戦略にありました。

Netflixの型破りな人事戦略

1998~2012年にかけてNetflixで最高人事責任者を務めたパティ・マッコード氏が著書『NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く』で明かしたNetflixの型破りな人事戦略は、既存の人事制度や企業文化を根本から覆す衝撃的な内容でした。

ハイパフォーマンス(高業績)に焦点を絞る

目まぐるしく変化する現代社会、多くのトップ企業はその座を維持するべく成長とともに人材管理あるいは経営体制が複雑化する傾向が見られます。
それに対し、Netflixは成長とともに「ハイパフォーマンス(高業績)」に焦点を絞り、組織のルールを簡潔化しています。

実質主義に徹した7つの企業バリュー

Netflixでは「ハイパフォーマンス」を含め7つの価値観を企業文化の基盤として、実質主義に徹した企業バリューを掲げています。

  1. 価値とは我々が重視するもの
  2. ハイパフォーマンス
  3. 自由と責任
  4. 管理するのではなく互いに理解し合う
  5. 高アライメント、疎結合
  6. 業界トップレベルの給与
  7. 昇進・開発

重視する9つの人事評価基準

Netflixの人事評価基準は、以下の9つです。

  1. 判断力
  2. コミュニケーション
  3. 影響力
  4. 好奇心
  5. イノベーション
  6. 勇気
  7. 情熱
  8. 誠実
  9. 無私無欲

「価値とは我々が重視するもの」という概念のもと、これらを基準に定義しています。

Netflix流の人材配置

具体的なスキルや行動力を備えた人材は同社の理念の一つである「ハイパフォーマンス」 に貢献する貴重な人材です。Netflix流の理念では、こうした人材の密度を迅速に高めることができるか否かが、継続的な成長のカギを握っています。

優れた人材をすべてのポストに配置することで、予想以上の成果のみならず、ビジネスが複雑化する要因を抑制する効果も期待できます。これらのハイパフォーマーには業界トップレベルの給与や昇進、さらなる能力・スキル開発の機会を惜しみなく提供して確保に努める一方、業務に適さない人材をつなぎ留めず、組織から排除していきます。

組織を成長させる上でベストな人材のみを確保することで、上場後も従業員が自由に働ける環境を拡大し、長期的な成果につなげることができるのです。

Netflixが重視する従業員の「自由と責任」

Netflixは、従業員の「自由と責任」も重視しています。

例えば同社は有給休暇や給与規定、人事考課制度といった通常の企業システムを採用していません。これは「一人の社会人として、自分の働き方を従業員自身が自由と責任をもって決める」という発想に起因するものです。

ともすれば無秩序になるリスクが潜んでいるにも関わらず、同社では徹底した「課題の明確化」や「コミュニケーション」「リーダーシップ」などを通し、各従業員が主体的に行動できる環境を作り上げています。同僚や上司、経営陣に対しても躊躇なく直接発言・報告し、課題をクリアするまでとことん議論・検証できる環境はその一例でしょう。

つまりNetflixの考えは、「素晴らしい仕事を短時間で成し遂げるトップパフォーマーのみで構成された組織内においては、従来の人事考課制度は不要」ということになります。人事考課制度が時間と労力を要する作業である事実を考慮すると、極めて効率的なアプローチである、という考えなのでしょう。

Netflixの人事戦略が万人向けではない理由

しかし、実際のところ上記のような人事戦略をすべての企業が実践したとしても上手くいくとは言えないでしょう。現にNetflixのパティ・マッコード氏はこうした型破りな人事戦略や企業理念が、「万人向けではない」と断言しています。

常に解雇の不安と戦う従業員

前述したように、Netflixは例え過去に素晴らしい功績を残した人材でも「今後の成長に適切でない」と判断した場合、躊躇なく解雇します。

これは「従業員には自分の未来を知る権利がある」という理念に基づくものですが、裏を返すと従業員は常に解雇の不安と戦いながら、緊迫した状況下での勤務を余儀なくされているということです。

従業員の精神的負担の軽減が課題

ウォール・ストリート・ジャーナルの調査によると、回答した70人以上の従業員が「毎日解雇の不安に怯えている」と答えました。Netflixの人材戦略は「世界最大のエンターテインメント企業になる」という目標を追求する上で非常に合理的ですが、従業員の精神的な負担を軽減できる環境作りも同時に配慮することが可能となれば、今以上により強靭な企業体質を目指せるのかもしれません。

自社にあった人事戦略を探そう

今回はNetflixの人事戦略をご紹介しました。人事戦略には常に最新のトレンドや流行の手法が存在します。しかし、「周りがこの手法だから」と真似をするのではなく、自社の理念や方針、風土にあった人事戦略とは何なのか、という視点を持っておくことが大切になります。

企業の新規立ち上げや規模拡大、事業承継などのタイミングでは新たに方針を転換していくこともあるでしょう。どのような手法が最も適切かどうか、外部のコンサルティング会社に相談することも一つの手です。

あなたにおすすめのお役立ち資料を無料ダウンロード

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】テレワーク時に求められる適切な「人事評価」

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料PDF】基礎から解説!間接部門のKPI目標事例

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

【無料eBookプレゼント】数字で見る人事評価クラウド

あしたのチームのサービス

導入企業3500社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

あした式人事評価シート