近年メンタルヘルスの不調を原因に、休職や離職に至るケースが問題になっています。
さらに、 企業において “安全配慮義務” の履行がこれまで以上に求められ、多額の賠償リスクと隣り合わせの状況です。
この課題に直面する前に、どのような策を打つべきか。その手法を大公開!

<第1部>
○企業防衛に活用できる人事評価制度評価の仕組みで企業を守る。
業績向上、人材育成という攻めの商材としてだけでなく、
守りの面でも機能する評価制度についてお話します。

<第2部>
○人事評価制度と相乗効果、メンタルアシストプログラム
従業員のメンタルヘルスをタブー視しない文化を企業内に育み、
主体的 に「医療法人」と共に取り組む、健康管理の最新トレンドについてお話します。

※メンタルヘルスとは?※

メンタルヘルスとは、心の健康のことを指します。
「心が健康である」とは、前向きな気持ちで、意欲的な姿勢で環境(職場)に適応することができ、イキイキとした生活を送れる状態のことです。
近年メンタルヘルスの不調を原因に、休職や離職に至るケースが問題になっています。
さらに、 企業において “安全配慮義務” の履行がこれまで以上に求められ、多額の賠償リスクと隣り合わせの状況です。

メンタルヘルス対策をすることで
人材の喪失リスクから解放人材の適正配置能力開発を行い、企業の「成長」「発展」に寄与します。

【参加特典】
・書籍「給与2.0」(髙橋恭介著/アスコム)
・人事評価制度 無料診断
・評価シート サンプル

講演概要

11月13日 (火) 13:00~15:00
対象: 経営者・人事・総務責任者向け
費用: 無料
定員数: 20名
参加特典: ・人事評価制度 無料診断
・評価シート サンプル
・最新書籍
静岡県浜松市中区板屋町111−2浜松アクトタワー25F
TKP浜松アクトタワーカンファレンスセンター
【部屋】ミーティングルームA
●JR東海道本線 浜松駅 北口 徒歩3分