成長の場

あしたの大学

あしたの大学とは?

中小・ベンチャー企業としてあるべき研修体系を体現した「あしたの大学」を設立。“エンゲージメントの向上”と“市場価値向上”を実現するために、全社員が学びの場として活用しています。カリキュラムとしては、「同期会」(新卒社員は同期、中途社員は四半期ごとの入社を同期として位置付け、半年に一度、同期全員が東京本社に集まり、研修を実施)、「書籍de対話」(書籍を通して、対話をすることでビジョン共有を図る)、「あしたの履歴書」講座、「認定制度」(給与コンサルタント、コンシェルジュとして必要な専門知識を向上させるための教育プログラム)の4つを用意しています。特に、「同期会」は、会長をはじめとする幹部陣とFace to Faceで同じ時間を共有することで、ビジョンが共有でき、同じベクトルに向かって邁進できると考えたプログラムの1つです。今後の「あしたの大学」は、エンゲージメントを高める場であり、専門的スキルを磨き、市場価値向上を高める場として、さらに進化して参ります。

カリキュラム

同期会

新卒社員、中途社員の同期それぞれが一同に会し、会社のビジョンや同期同士を知る等、相互理解を深める場として、定期的に実施しています。個人と組織が一体となり相互の成長に貢献しあう関係(エンゲージメント)を高める場として、社員からも好評を得ています。

書籍de対話・エンゲージメントBOOK

会社から、毎月1冊のエンゲージメントBOOKを社員にプレゼント!書籍を読んだ後は感想文を提出、その後は会長からの個別のフィードバックを通して、会社や経営陣の考え方を知る等、書籍を通した対話を重ねることで、会社や経営陣の考え方を知り、仕事がしやすい環境を作ります。

あしたの履歴書

いかなるポジションに身を置いても活躍できる人材に成長するため、「個としての強さ」を身につけていただきます。そのため会社が寄り添い、一人ひとりのスキルを高め、市場価値向上へと導くプログラムをご用意しております。

認定制度

第一線で活躍する給与コンサルタント、コンシェルジュを育成するための教育プログラムとして社内認定制度を設けています。筆記テスト、実技テスト、プレゼンテーションを重ね、会社が求める一定の基準に達するまで、人事本部が寄り添ってサポートし、一人ひとりの成長をバックアップしています。