社員インタビュー

北澤光 他部門 2019年新卒社員

大学卒業後2019年新卒社員としてあしたのチームに入社。大学時代は国際社会学を専攻。
海外にバックパッカーとして旅する一方、当時創業5年目のITベンチャー企業で長期インターン生としてセールス、サービス企画に携わる。
あしたのチームでは新たなチームであるインサイドセールスの立ち上げに参画。
プレイヤーとして毎日多くのお客様と接点を持ちあしたのチームの魅力を広めるかたわら、組織の仕組み作りやマーケティング業務を行う。

Pocket

  • あしたのチームに入社を決めた理由を教えて下さい。

    あしたのチームのサービスに共感した点。成長できる環境があると感じた点です。
    社会性が高い商材を提供しており、この商材が広がれば日本の働く人をより元気にできると感じました。
    また経験の浅い社員でもマネージャーを任せてもらえる環境も魅力的に感じました。

  • 現在の仕事内容を教えて下さい。

    インサイドセールスとしてマーケティングと営業の架け橋として、主に架電を行いお客様の課題抽出から商談設定を担っています。
    また日々変化していく状況の中で、成果を最大化するための効率的な仕組みづくりや、より良いプロダクトを創っていくため、
    お客様の生の声をヒアリングし社内にフィードバックするなど、事業の拡大に携わっています。
    もう一方でマーケティングオートメーションと言われるITを活用したマーケティングの自動化の構築や、社内のIT化を推進しています。

  • やりがいを感じる瞬間はどういう時ですか?

    自身が担当したお客様が導入してよかったとの声を聞くときです。
    インサイドセールスは商談機会を設定するまでの期間がメインの業務になるので、お客様を担当の営業に引き継ぎます。
    その後導入が決まり、営業担当からお客様があしたのチームでよかったとの声を報告してくださる時が
    毎日地道な作業をやってきてよかったと感じる瞬間です。

  • あしたのチームの一番の魅力は?

    目標と評価が明確な点です。3か月に1度のスパンで目標設定と評価が行われるので、
    中だるみやなんとなく働くことがなく明確なゴールを設定しながら日々業務にあたることが出来ます。
    この制度のおかげで物事に対して逆算して考えることが自然とできるようになりました。

一覧に戻る