アンバサダー・小泉孝太郎さんを起用した新TVCM
「ホンネ篇」「退職届篇」9月3日(月)より公開
-小泉さんがあしたのチームセミナー会場にて“いい加減な査定”に一喝-

あしたのチームは、アンバサダーの俳優・小泉孝太郎さんを起用した、
新TVCM「ホンネ篇」「退職届篇」の2種を2018年9月3日(月)より放映開始いたします。
CMは、関東圏以外の地方を軸に放映されるほか、
Facebook、Twitter等のSNS、東京23区の日本交通グループのタクシー広告枠に配信されます。

ホンネ編

退職届編

 

 

 

 

「ホンネ篇」について
とある会社の会議室で、社長が社員を査定しています。社員の働きぶりを高く評価しているものの、会社の業績不振を理由に給料の据え置きを明示する社長。「分かってくれるよね?」と有無を言わせない雰囲気に、社員は苦し紛れに「・・・もちろん!」と呼応します。場面は切り替わり、あしたのチーム社のセミナーに登壇する小泉孝太郎さんが映し出され、「分かってくれるよね?」という社長の動画に対して、「分かりません!」と一喝。「これからはAIを搭載した人事評価クラウドで絶対評価を実現しませんか?」とセミナー会場のお客さんに力強く問いかけます。絶対評価による人事評価制度運用の必要性を訴える姿が描かれています。

「退職届篇」について
とある会社の廊下で、退職届を持った社員が同僚と話しをしています。「何年も成果を上げていない先輩と評価が一緒なのが、もう!!」と会社の人事評価に我慢ならない表情で、退職の理由を話した瞬間、「耐えられません!」と小泉孝太郎さんが登場。場面はあしたのチーム社のセミナーに切り替わり、壇上で話す小泉孝太郎さんが映し出されます。小泉さんは続けて、「彼のように評価が不満な人は約7割、離職の可能性は高まります。」と説明。「これからはAIを搭載した人事評価クラウドで絶対評価を実現しませんか?」とセミナー会場のお客さんに力強く問いかけ、絶対評価による人事評価制度運用の必要性を訴えます。

■小泉孝太郎さんのコメント
この度、あしたのチーム社初のTVCMに出演させて頂いきとても嬉しいです。アンバサダーに就任させて頂いてから約1年が経過し、人事評価に対する考えも深まりました。社会で働く上で誰しも目標があると思います。その目標に基づいて正当に評価がなされるということは「本当に大切だな」と、俳優として活動させて頂いているなかでも感じました。なので、明確な自己目標に基づいた評価制度を世の中に普及しているあしたのチーム社には共感するところが多いです。このCMで1人でも多くの方に、あしたのチームを知って頂きたいと思っています。人事評価制度で世の中を変革する目標を持つあしたのチームに無限の可能性を感じています。

「ゼッタイ!評価®」の詳細はこちら

「コンピテンシークラウド®」の詳細はこちら