「東京五輪への関心は?」 「関心がある」企業は、リオ五輪の2倍以上・66.9%!   元マラソンランナー・有森裕子氏 「目標管理が成功の分かれ道!今、求められるマネジメント」 2017年7月19日(水)あしたの働き方改革シンポジウム 2017 登壇決定

「東京五輪への関心は?」
「関心がある」企業は、リオ五輪の2倍以上・66.9%!
 
元マラソンランナー・有森裕子氏
「目標管理が成功の分かれ道!今、求められるマネジメント」
 
2017年7月19日(水)あしたの働き方改革シンポジウム 2017 登壇決定

この度、株式会社あしたのチーム(代表取締役社長:高橋恭介、東京都中央区銀座6-4-1、以下あしたのチーム)は、来る2017年7月19日(水)大手町サンケイプラザ 4Fホールにて開催されるあしたの働き方改革シンポジウム2017にて、元マラソンランナー 有森裕子氏が特別ゲストとして講演することをご報告致します。

3年後に迫る東京五輪2020。日本企業が寄せる期待・感心は大きく、前回のリオ五輪で「関心がある」と回答した企業が33.3%だったのに比べ、東京五輪ではなんと倍以上の66.9%。同様に、企業活動に「プラスの影響」があると回答した企業はリオ五輪では3.2%から東京五輪34.9%と大きく増加しています。

そんな中、「業績への好影響を支えるだけの『人材』への対策・課題解決が後手に回っていては、企業、そして日本経済が“勝つ”ことはできない!」と指摘しているのは、元マラソンランナー・有森裕子氏です。

高校・大学と無名の選手だった有森氏は、「自分の使命と目的を理解した時に、本気になれ、そして結果がついてきた」という自身の経験から、人の成長には「目的」「目標」そして「マネジメント」が鍵であると指摘します。

「スポーツにおける人材育成やマネジメント論は、一般企業にも通ずるところが多くあります。これまでも、多くのノウハウが交換されてきました。しかし、『過労死』『過労自殺』といった悲しいニュースは消えません。
そんな今だからこそ、伝えたいメッセージがあります。」

参考:http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p160602.html

「目標管理が成功の分かれ道!今、求められるマネジメント」

有森裕子氏が語るのは、7月19日(水) あしたの働き方改革シンポジウム2017 にて!

日時 :2017年7月19日(水) 13:30開場/14:00開演/19:00終演
会場 :大手町サンケイプラザ 4F サンケイホール
対象 :企業経営者、経営幹部、人事責任者
参加料 :無料
主催 :あしたのチーム総研

13:30 ~ 14:00 :開場
14:00 ~ 14:50 :基調講演 高橋恭介氏 (株式会社あしたのチーム代表取締役社長)
14:50 ~ 15:30 :特別講演 有森裕子氏 (元マラソンランナー)
15:30 ~ 15:40 :休憩
15:40 ~ 16:20 :特別講演 元榮太一郎氏 (参議院議員/ 弁護士 / 弁護士ドットコム株式会社 代表取締役会長)
16:20 ~ 17:20 :パネルディスカッション(元榮太一郎氏 / 小室淑恵氏 / 島田慎二氏 / 髙橋ゆき氏)
17:20 ~ 17:40 :プレゼンテーション 佐々木大輔氏 (freee株式会社 創業者・代表取締役)
17:40 ~ 18:00 :プレゼンテーション 高橋恭介氏 (株式会社あしたのチーム代表取締役社長)
18:00 ~ 19:00 :協賛企業紹介+ブース案内

<本イベントに関するお問い合わせ先>
あしたのチーム総研運営 株式会社あしたのチーム
担当:江竜・菅原
TEL:03-4577-3923
Mail:symposium@ashita-team.com