”仕事をやらされている”ではなく、自分事として取り組める意識を芽生えさせたい

株式会社ODEN

代表
野澤 智一
従業員数
80名
事業内容
コンビニエンスストアセブンイレブンのフランチャイズ店舗経営・蕎麦屋経営
URL
https://www.oden-dream.jp

Q1.会社及び事業について教えてください。

コンビニエンスストアーFC事業(セブンイレブン5店舗)とお蕎麦屋さん3店舗を運営しています。
1999年2月に茂原南吉田店開業、2011年11月(㈱)ODEN設立し、現在5店舗に拡大しており、今後は10店舗を目指しております。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

現状の課題は、店舗の拡大による人員不足・人員の配置のミスマッチです。人員不足により、適切でない人に役職をつけてしまい、お店がうまく機能しなくなってしまうケースがありました。その店舗では、従業員さんのやる気向上が見受けられていません。
人事評価制度を導入することで管理職を育てていきたいと考えています。

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

スタッフの方々に目標を自分でたててもらい、”仕事をやらされている”ではなく、自分事として仕事に取り組んでもらいたいと思っています。
また、スタッフの中から「ぜひ、ODENで働きたい!」と思っていただける人を何人も作っていきたいです。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

人事評価制度は前々から導入したいと考えていたところ、同友会であしたのチーム千葉支社の堀さんにお会いし、お話を聞く機会がありました。
制度を一緒に作っていくだけではなく、実際に運用していく過程もサポートしていただけるという点が一番の決め手でした。
また、複数店舗の経営ですので、クラウドで評価データが確認できるということと、アルバイト従業員が多い為
スマートフォンからもクラウド操作ができるという点は大きな決め手になりました。

 

事例集DLフォーム