被評価者からより公正公平であると認めてもらえる人事評価制度に

エアポートトレーディング株式会社

代表
丸橋 弘和
従業員数
88名
事業内容
小売販売
URL
https://airport-trading.com/

Q1.人事制度を入れてからの効果について教えてください。

従来から相対評価をベースとした人事評価制度はありましたが、構築してきたヒエラルキーに応じた「ゼッタイ!評価」を導入したことにより、結果的に給与が上がることで社員個々のモティベーション向上が更なる事業に好業績をもたらしました。またそれが給与を向上させる原資となり、業績が上がるという好循環を生む事となりました。しっかりと評価をすることで、ついていけずに退職する社員もいたとは思いますが、頑張って結果を出すことのできる社員の意識を更に向上させることができました。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労、どうやって乗り越えましたか?

そもそも人が人を評価することの難しさは、ある意味で永遠の課題であると思いますが、「あしたのチーム」にサポートや指導をいただき、被評価者からより公正公平であると認めてもらえる人事評価制度になってきていると思います。少し時間はかかりましたが、被評価者・評価者それぞれの意識向上、そして「あしたのチーム」のサポートにより、完全ではないとしてもこの課題を乗り越えてきていると思います。

 

Q3.働き方改革に向けた取り組みについて教えてください。

2017年度から毎年15分間の実労働時間短縮を進めており、4年間で当初実労働時間の1時間短縮を実現します。また時短の効果もあり、生産性も向上させることで現在法定外労働時間は実質ゼロとなっています。その他に年次有給休暇の「特別繰越休暇制度」の導入や、間接部門でのフレックス勤務制度やテレワーク制度も導入しながら、中小企業の小売業ではなかなか難しいとされる年間122日を大きく超える休日の確保にも実現しています。

 

Q4.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

ゼッタイ!評価に期待する事は、社員の成長に尽きると言えます。特に被評価者はもちろんのこと、評価者の更なる成長に大きく期待したいと思っています。当社では経営理念や行動指針を含むクレドを導入運用していますが、メインスローガンとして「ALL GRIT」(やりきる)、今後はサブスローガンとして「ENGAGEMENT」(会社と社員双方向の絆)と「AGILE」(俊敏であること)を掲げますが、これを人事評価制度に組み込むことで社員への浸透を進め実現していきたいと考えています。

 

Q5.あしたのチームの運用おせっかいやクラウドサービスに対するご要望をお聞かせください。

より精度の高いAI化をはじめ、評価者が被評価者に「より早く・より的確な」フィードバックやアドバイスができるシステムの構築を期待しています。

事例集DLフォーム