【養鶏業を経営】プロセス・評価の見える化へ

株式会社イシイ

代表
竹内 正博
従業員数
400名
事業内容
養鶏業、畜産設備の施工販売、インフルエンザ用発育鶏卵の生産販売
URL
https://ishii1969.com/

Q1.会社及び事業について教えてください。

1969年創業のイシイはブロイラーひな導入のパイオニアとして生まれ、肉用鶏の種鶏と孵卵の生産業務を本業としています。また、ブロイラー生産に必要な鶏舎や飼育設備の販売も行っています。長年の養鶏の技術を生かして、医療業界にも進出し、インフルエンザワクチン用発育鶏卵の生産販売も行っています。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

人事考課表が非公表であり、自分の評価が見えないので何を改善すればよいかわかりませんでした。
部下の強みと弱みを把握し、それぞれ伸ばすためにはあしたのチームのコンピテンシーがシンプルで運用しやすいと感じたからです。
また一般社員にも数値目標(MBO)が必要であり、成果を意識して欲しかったため導入しました。

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

それぞれの社員が考課表を基に行動し成果を上げ、会社の利益に繋がることや各部署が利益を出すために何をすべきかが人事考課表に描かれていることを期待しています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

髙橋会長の書籍を読み人事評価制度の考え方に共感したのがきっかけです。
営業社員からは、共に良い制度にしていこうという熱意が感じられ、またシンプルでわかりやすい制度であると感じたためです。

 

事例集DLフォーム