しなければならないことが明確に意識付くように変化!

ベルサンテスタッフ株式会社

代表
中野 栄造
従業員数
36名
事業内容
一般労働者派遣業
URL
https://www.bellsante.co.jp/

Q1.人事評価制度を入れてからの効果・変わったことを教えて下さい。

管理職が後輩をよく見るようになったことと、コンピテンシーやMBOに対して社員個人が目標を考えて
文章にすることでしなければならないことが明確に意識付くようになってきたと感じています。
定期的に期日を設け、目標や成果について話し合うことにより私自身、伝えたいことがより伝えやすくなりました。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労はありましたか?

評価=賃金ということを気にしすぎる社員が出てくることにより評価項目にない業務は取り組もうとしないケースがありました。
未だ乗り越えきれていないこともありますが話し合いを重ね相互に理解を深め
目標設定のスキルを上げて乗り越えていく必要があります。
「個人の取り組み→個人の評価」が人事評価にはなりますが
「個人の取り組み→個人の結果→会社の取り組み→会社の結果→社会への取り組み→社会への貢献」になるよう
もっと先に目を向けれる会話を心がけています。
又、あしたのチームの担当者の方から助言やサポートをしていただくこともあり第三者からの言葉を
社員に伝えていただくことにより聞き入れやすい状態も作ってもらえています。

 

Q3.働き方改革に向けた取り組みについて教えて下さい。

残業の短縮、家族の誕生日休暇、3連休以上を極力取得などはしています。
社員が輝く働きをするには労働条件だけではなく仕事の中身ややりがいも大切です。
働きやすい環境になるよう言葉がけや仕事の伝達に時間をかけるようにしています。
また社員が仲間一人一人に目を向けていることにより人間関係はかなり良いです。
 

Q4.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

将来的には営業数字が目標項目にない評価制度にしていきたいと考えています。 

事例集DLフォーム