メンバー全員が同じ方向に、迷いなく進めるような仕組み

株式会社ディライト

代表
高橋 亮
従業員数
60名
事業内容
葬儀業界に特化した人材派遣、採用支援、集客支援
URL
https://delight.co.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

「葬儀業界に特化した人材派遣会社」として会社設立以降、多くのお客様に支えられ、これまで順調に成長してくることができました。また、お客様のご要望にお応えするなかで、「採用支援事業」「集客支援事業」と、葬儀業界においてその事業領域を広めてまいりました。「一人でも多くの人に、少しでも多くの喜びを与え、広く世界に、永く未来に貢献する。」という理念のもと、今年で設立10周年です。次の10年で「葬儀業界のインフラ企業」となるべく、メンバー一同、力を合わせて日々奮闘しています。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

会社の成長に伴い、メンバーの増加、職種の多様化、職位の重層化、中途専門職者の入社など、今までの育成・評価・人事・賃金制度では対応が難しくなってきました。現状は制度的な欠陥を原因に、メンバーが会社に対する不満を抱えてもおかしくないような状況です。今後半年から一年かけて、メンバー全員が同じ方向に、迷いなく進めるような仕組みと、一人一人の頑張りが、納得感をもって評価・賃金に反映される仕組みの構築をすることが課題です。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

「メンバーの成長なくして、会社の成長なし。会社の成長なくして、メンバーの成長なし。」
人事評価制度は、会社のビジョン、メンバー一人一人のビジョンを実現させるために、とても大きな要素を占めるものだと考えています。これからはあしたのチームの力を借りながら、より良い人事評価制度、より良い仕組みを構築していけたらと考えています。欲を言うなら、最少の労力で、最速の成長をしたいです。あとは、あしたのチームの会社としての成長からも、学ばせていただけたらと思っています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

二点あります。一点目は、今までの「自分たちで勉強して自前で構築していく」というやり方に限界を感じたことです。自前で何とかしようとすると、今後も永続的にかなりの時間と労力を投入することになります。また、それでも解決できない課題が現われてくることも安易に想像ができます。投入する時間と労力を最少に、かつ、難しい課題も解決したいと思い、あしたのチームにお願いすれば、その両者を同時に得られると考えました。二点目は「コンピテンシークラウド」です。今までも毎月の面談を行っていましたが、担当者はその前後の準備・集計に相当な時間と労力を取られていました。また、Excel管理なので一人一人が、課題の確認をし易いとは言えない環境でした。あしたのチームのクラウドにすることで、担当者の負担を軽減し、かつ一人一人の成長を促進しやすい環境に整えられると思ったからです。

事例集DLフォーム