保守的な社員に、一歩踏み出す力を身につけて欲しい

森田工業株式会社

代表
野知康平
従業員数
17名
事業内容
プラントエンジニアリング(企画・設計・調達・施工・試運転及びメンテナンス)
URL
http://www.moritak.com/

Q1.会社及び事業について教えてください。

プラントエンジニアリング(企画・設計・調達・施工・試運転及びメンテナンス)の企業であり、下記の事業に携わっている。
繊維機械製造
各種産業用プロセス設備
空調設備、ユーティリティー設備
装置用自動制御設備

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

今まで人事評価制度が無かったが、時代の流れを考え、何をしたら評価をされるのかを従業員に提示する必要を感じてきた。加えて今後中途採用で入ってきた人に対してその様な制度を開示し、採用に繋げていきたいと思う様になり、導入に至った。会社の課題としては個人の質の向上が課題である。言われた事を行うだけではなく、その業務を行う事で先々に何が発生するのかを考えて行動し、形に出来る人になって欲しいと考えている。また、社員には仕事に対する発想力、創造力、保守的に構えるのではなく一歩踏み出す力もつけてほしいと考えている。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

社員教育を期待している。現在、保守的な社員が多いために、一歩踏み出す力をつけてほしいと思っている。あしたのチームの人事評価制度を採用し、目標を立てる事で個々が能力の再認識を行ってほしい。そして何をすれば評価されるかを明確にし、「頑張れば評価される企業である」という社風を作っていきたい。また、慣れてくるまではマイナスな意見が出ると考える。社員に対し「管理されているシステム」ではなく「皆の給与を上げるための制度」という気持ちをもってほしいために、運用サポートでは良い面に目をつけて運用を進めてほしい。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

人事制度を構築するだけではなく運用もサービスの中に入っているため。人事評価制度だけあっても、それが動いていなければ意味がないと思っている。外部からサポートが入っているために、人事評価制度が定着しそうだと考えたから。

 

事例集DLフォーム