社員のベクトルに合わせた仕組みを作り、定着率の向上へ

株式会社オーティーマシン 

  • 代表:島村 充利                
  • 従業員数:23名                
  • 事業内容:各種専用機の加工から組み立て          
  • URL:https://www.ashita-team.com/jirei/

Q1.会社及び事業について教えてください。

当社は松本平にあり、北アルプスを背に清々しい空気と清らかな水、豊かな自然に抱かれマシニングセンターでの部品加工を主たる業務として、地道に技術の研鑽に励んで参りました。本質を見極め、変化を恐れず、豊かな発想を駆使し個人・組織の価値を高め、誰からも期待され愛される会社づくりを目標にしています。より高い技術・技能を身につけ、お客様にご満足いただけるよう努力し続ける企業づくりの実現に向かって、精進しております。今後も、技術革新に対して勇気を持ち積極的に取り組むことによって、各企業様のお役にたてることを願っています。

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

会社の方針を社員に落とし、社員のベクトルを合わせる仕組みを作りたいと考えたためです。以前は私自身が面談し、報酬連動は一律で行っていましたが、それでは社員の成長に限界があると感じ、導入に至りました。現状の課題は、自発的に考えられる人材が少ないということです。与えられたことを実施するのみで、個々のキャリアに結びついていない状態です。また、課題解決能力が低いため、現状の問題をそれぞれが考え、率先して動けるようになることが目下の課題です。

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

人事評価制度を通じて、社員の皆さんに、オーティーマシンで働く喜びを持っていただけるような会社にしたいです。また、入社3年頃の離職率が高く、経験・知識とスキルをある程度蓄えられたタイミングで辞められてしまっているため、定着率の向上に期待しています。人事評価制度では、一次評価者がどれだけ会社や社長のビジョンを共有できるかが肝だとお聞きしましたので、この制度を通じての、中間管理職の教育に期待しています。

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

以前より、人材教育面で何かアクションをとらなければいけないと考えていました。そんなところ、あしたのチームのセミナーに参加し、「優秀な人材が辞めるのはなぜか?」という話がとてもインパクトに残りました。そこから、もう一度お話を聞きたいと思い、ご縁を感じてゼッタイ!評価を導入いたしました。採用面でも「こういった人事評価制度を導入している」と示せるものを作れたことで、入社後のギャップが少なくなるのではないかと考えています。

事例集DLフォーム