全社方針を、一気通貫で社員まで展開できる点に期待しています

株式会社オーテイク

代表
大竹 智彦
従業員数
60名
事業内容
食品機械装置製造・食品プラント装置製造
URL
https://www.ohtake.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

創業140年近い老舗の、機械製造メーカーです。東京都北区赤羽と山形県米沢市に事業所があり、従業員数は双方合わせて約60人規模の会社です。生産している食品機械は麺機で、とりわけ即席麺の大型プラントがメインとなっております。ここ数年間は、海外向けの売上が全体の6~7割を占めています。老舗であるが故か、商社経由の割合は少なく、直接取引の割合がとても高い点が特徴です。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

以前から人事評価制度を構築して運用していましたが、次第に形骸化してきて、最近では全社方針展開や、各部門方針の設定並びに目標設定も、疎かになってきました。各所属長は期末になると単に個人の「点数付け」がメインとなり、所属長により評価基準がまちまちで、一般社員からは強い不満が噴出するようになりました。全社方針を元に一気通貫の目標設定や評価方法を、自力で構築するのが困難な状況となり、第三者に公平なルール構築を提案して頂かなくてはならない状況になった次第です。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

被評価者を対象に、定着化につながるコンサル的指導を行っていただきたいです。全社方針を、一気通貫で社員まで展開できる点に期待しています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

「働き方改革法」施行に伴い、当社も中期計画・当期方針で生産性向上を図ることを提起しておりました。その際、成果主義による給与の差別化と行動プロセス管理が、従業員のモチベーションの維持に必要であると考え、模索していました。そんな中、日本経済新聞に、あしたのチームの記事が掲載されており、人事評価制度改定の内容や実績などを見た結果、当社においても効果が期待されると思ったからです。

 

事例集DLフォーム