「仕事にやりがいをもち当社で働くことが一番だ」と思える会社づくりの初期段階

株式会社アサヒ農園

代表
後藤 成紀
従業員数
31名
事業内容
野菜・花等種苗の育種、生産、卸売り、輸出入
URL
https://www.asahi-noen.co.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください

明治に創業してから140年間、伝統野菜から最新の野菜品種の種子を扱う種苗会社です。育種研究農場で新品種を開発し、その種子を国内外で生産します。生産した種子の国内種苗小売店への卸販売と輸出入を行っています。業界を取り巻く環境が大きく変化しており、現状のビジネスの延長上での努力や挑戦では事業の規模拡大が望めないため、種苗を中心とした新たな事業モデルの策定にも取り組んでいます。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

今は社員の皆が「仕事にやりがいをもち当社で働くことが一番だ」と思える会社づくりの初期段階です。そんな中で、ゼッタイ!評価を導入した理由は3つあります。1つ目は、理念実現へ向けて会社を変革していく上で、皆のベクトルを合わせる・一体となるため、2つ目は、人の成長につながるやりがいを実感できるようにするため、3つ目は、成果を出している社員に報いたい(正確な評価をする)ためです。現状の課題は、導入直後ということもあり結果を求めるあまり、大切なプロセスより結果を追い求めがちになる社員をいかに導くかです。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

会社の成長は人の成長によりなされるため、社員が成長できる環境を充実させることを考えてきました。その施策の一つが人事評価制度の導入です。短期では、何をすれば評価されるのかという価値観が共有できるようになることです。中長期ではやりがいを持ち、満足し楽しく仕事が出来るようになること。長期ではいつの日か会社を辞めるときに「この会社で働いてよかった」と皆が言えるようになること。これらの一助になることを期待し人事評価制度を導入しました。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

昨年、人事評価の基本給テーブルと等級要件を独自に作成しましたが、「これでよいのか」「運用方法は?」「本当に必要か?」と不安が多く、一歩を踏み出せずにいました。今年、縁があり話を聞くだけでもと説明を受けると先の不安が一気に解消し、さらには導入が理念実現の近道になりえることにも気づかされました。また人事評価制度運用の独り立ちまでのタイムスケジュールが明確で、一緒に考え伴走するスタイルにも安心でき選びました。

 

事例集DLフォーム