自身のスキルを上げるための目標をたて、行動をし、実行するまでに変化!

嶋田商事株式会社

代表
嶋田 巨人
従業員数
10名
事業内容
資産設計提案業務(ファイナンシャル・プランニング業)
URL
https://www.e-shimada.com/

Q1.人事評価制度を入れてからの効果・変わったことを教えて下さい。

四半期サイクルでまわしていることで、目標を立てやるべきことが明確になり振り返りを行いながら行動できるようになったと思います。導入前と比べてサイクルを意識して取り組みができており、外でコンピテンシーのはなしが出るようになりました。また以前より面談回数が増え、上司部下間のコミュニケーションの場が増えました。自身のスキルを上げるための目標をたて、行動をし、実行に移そうとする意欲が伝わってくるようになったと実感しています。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労はありましたか?

半期を終え、第三四半期は回転の速さについていけなかったことです。第三四半期は目標設定から行動に移せず中間面談を迎えてしまいました。第二四半期は目標を実行に移せていましたが、第三四半期は部下が評価制度のスケジュールを把握できず、対応できなかったことが原因かと思っています。査定が終わり、実際に給与が変わったことを実感し、評価制度のサイクルを回していけば、乗り越えられることと期待しています。

 

Q3.働き方改革に向けた取り組みについて教えて下さい。

まさに、あしたのチームを導入したことです。

Q4.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

「社員の組織力強化」です。
営業だと売り上げベースで収入が変わる為に、個人プレーになりやすく、組織人としての行動が薄く課題でした。人事評価制度を導入し、売り上げ以外の成果も評価に組み込むことで、評価基準を変え、組織力の強化を図るねらいがあります。
まだ半年しかたっていない為効果の実感は薄いですが、今後に期待したいです。

事例集DLフォーム