社員が活き活きと業務に向き合って活躍できる環境をつくりたい

株式会社長野フィナンシャル

代表
市川 吉彦
従業員数
11名
事業内容
独立系ファイナンシャル・アドバイザー 
URL
https://www.nagano-fh.com/

Q1.会社及び事業について教えてください。

IFA (Independent Ainancial Advisor=独立系ファイナンシャル・アドバイザー)法人として
・資産管理・資産運用に関するコンサルティングサービスの提供
・マネーセミナーの企画・開催・運営
・証券仲介業(投資信託等販売業務)
・生命保険・損害保険募集業務
・住宅ローンに関する相談業務
等を行う総合代理店です。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

我々の業界は2016年に施行された業法改正により業務体制整備を求められている中で、近い将来
新卒採用や社内教育・社内評価等の当たり前の事が出来ていない会社は永続的な存続が困難になるだろうと考え始めていました。
その様な外部環境の変化の中で今迄弊社の採用は紹介等のご縁での採用が主で
評価も売り上げ=定量評価で経営をしてきましたが、今居る社員の満足度向上も含めて、組織の活性化の必要性も有り、新卒採用が必須と考えた事が導入理由です。現状の課題は採用です。我々の業界は従前とは違い幅広い金融知識の取得が必須であり、専門的なアドバイザーか否かの評価をされる時代になりましたがブランド力等絶対パワーが見劣りする弊社に望む人材が集うのか?そこがポイントになっています。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

・会社が目指す目標と社員がその為に何をもって貢献するかの行動目標が100%合致して歩続けられる事。
・評価制度により、社員が活き活きと毎日の業務に向き合って頂く事。
・潜在的にあるだろう不平不満が無くなるか、良い意味で顕在化する事。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

業界の親しい全国の仲間達と交流会を定期的に開催して、研修や意見交換を行なっています。2018年1月22日~23日京都で開催した交流会の中で
人事評価制度の導入を私が議題に挙げた際に静岡の仲間があしたのチームの方にパネラーとして講演をして頂いた事がきっかけです。
その後お電話を頂き、また京都での交流会に参加した仲間が導入をした事から導入を決めた次第です。

 

事例集DLフォーム