モチベーションアップで利用者様へクオリティの高いサービスの提供を

株式会社ほっとしばたケアセンター

代表
遠藤 恵子                
従業員数
145名                
事業内容
介護、保育          
URL
https://www.ashita-team.com/jirei/

Q1.会社及び事業について教えてください。

ほっとしばたケアセンターはすべてはコミュニケーションからをモットーに、利用者様の前向きな生活をサポートしております。介護というと、昔は手厚い介護で利用者様が出来ることも職員がサポートに入っておりましたが、今は自立支援型です。つまり、ご自身で出来ることは行なって頂くことで、利用者様の身体機能の低下を遅らせたり、多少の回復につながります。 そのため、年中無休の日帰り介護や半日型デイサービス、居宅介護支援等、利用者様やご家族の皆様のニーズにあったかたちでサポートができるように努めております。
また、平成30年より保育事業も行なっております。特色ある活動としては、『リトミック』という音楽を使って、身体的、感覚的、知的に優れた子供たちの育成を目指すものや、食育、英語も取り入れながらお子様の成長をサポートしていきます。看護師が常駐しており、お子様が体調不良になっても対応できる保育園です。

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

業界として離職率は高いですが、私たちも同様です。その中でも、やはり評価をしてあげる仕組みがなかったがために、怠けている人も頑張っている人も評価としては同じようになってしまう。それが嫌で辞めていった方々も多くおりました。そのため、頑張った人をしっかりと評価してあげる仕組み作りをし、合わせて給与に反映させてい上げることが出来ればと思い導入を決めました。
また、いくら世の中のIT化が進んだとしても、介護は人と人で成り立つところが多くあります。しかし、現状ですと資源である「ヒト」を教育する仕組みがなく、ベテランが辞めてしまった際に穴が大きいです。サービス低下にも繋がり、利用者様やご家族の満足度を上げることが出来ません。こういった教育の仕組みの1つとしても有効であると感じております。

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

何よりも『職員のモチベーションアップ』ですね。目的を持って仕事をして頂き、会社はそれを評価できるチャンスがあります。評価されることで、ひとりひとりのモチベーションが上がり、それにより利用者様にクオリティの高いサービスを提供して頂ければ嬉しいですね。また、弊社の職員がイキイキと働くことで、新たに優秀な方が入ってくるキッカケにもなればと思っています。

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

評価制度が波に乗るまで支援をして頂けるということです。形は良いものが出来たとしても、そこから社内に浸透させ、課題解決していくことは非常に難しいなと感じていました。評価制度を構築して終わりではなく、その後の運用の所までバックアップ頂けるという点は、有難いです。また、クラウドで管理が出来るのも非常に良いですね。紙で管理となると、職員の数も多いので集計の手間や、万が一紛失してしまったら…というデメリットがあります。余計な心配事なく、スッキリと管理できることが1番ですね。

事例集DLフォーム