ゼッタイ!評価で、半歩でも、3分の1歩でも成長できたら良い

株式会社エヌエスアイ

代表
朝妻 義孝
従業員数
30名
事業内容
新聞・出版物取次事業
配送・商品管理事業
メディアラック・フリーペーパー流通事業
販売促進サポート事業
まちづくり・スポーツ事業
URL
https://www.nsi.jp/

Q1.人事評価制度を入れてからの効果について教えてください

目に見えて変化したことは、上司・部下間での会話の時間が増加したことです。報連相が出来ていなかったことが課題だったのですが、少しずつ情報共有がされるようになってきました。また、管理職に対してお客様のところへ訪問を促してもなかなか行動せず、それが部下へ落とし込みされないため、営業なのに受け身のスタンスが長年根付いておりました。こちらに関しても、まだまだ完璧ではないですが、具体的な指示が出来るようになってきている点が成長していると感じております。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労、どうやって乗り越えましたか?

導入当初は反発する社員が多かったです。目標の自己設定をしているため、「忙しいから取り組めない」「時間がない」「目標を考えられない(考えない)」という声が、様々なところから挙がりました。人事評価制度を導入したことで、こういった企業体質を知ることができた点も一つの収穫です。これらを解決するために、遠方拠点に訪問し三者面談を行ないました。例えば、「時間がない」という課題に対して、業務を洗い出し、無駄なものを排除し、組織づくりをしっかりと行ないました。今まで個々の役割が不明確だったため、誰が何を行うかを明確にし、チームとしての協力体制が作れてきたかと思います。また、あしたのチームからの「添削」にも臨機応変に対応していました。添削のアドバイスは適切なのですが、反発している社員に、いくら目標をこう書いてほしいと伝えても嫌がるだけだと思ったので、「まずはここまでアドバイスしよう」という考え方をしました。これこそゼッタイ!評価で、企業としての成長スピードは他と比べて遅いかもしれませんが、一歩でなく、半歩でも、3分の1歩でも成長できたら良いという考えで向き合っております。

 

Q3.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

先日の髙橋会長の登壇されたセミナーに参加させて頂き、上司が部下に、目標設定のための材料提供が出来るようになってほしいと、改めて感じました。つまり、管理職が3か月後や半年後、自分の部下がどうなっていてほしいのかイメージが出来ており、どういった点を伝えれば、適切な目標が提出されるかを考えられるようになってほしいです。現状、クラウドを使っていることで、良くも悪くもメモ欄を活用して会話をしています。添削や修正依頼はメモで残していき、細かい指示や、方向性が違うと思われることは少しの時間で良いので、口頭で伝えるような関係性を構築してほしいです。その上で、部下を動かす、つまり目標を「実行させる」ところまで管理できる人材を育てたいですね。

 

事例集DLフォーム