社員自身に成長を楽しんでもらえる制度を取り入れる必要がある

税理士法人エヌズ

代表
野原 信男
従業員数
32名(平成31年1月現在)
事業内容
税務申告、起業アドバイス
組織再編コンサルティング
事業承継・M&Aコンサルティング
URL
http://2n-taxoffice.jp

Q1.会社及び事業について教えてください。

私たち税理士法人エヌズは、沖縄県那覇市を中心に、中小企業の皆様を支援している税理士法人です。創業昭和56年以来、会計・税務での節税対策・役員従業員の確定申告・バックヤードサポートはもちろん、会社設立・組織再編・事業承継・M&A・相続贈与アドバイスで、お客様の成長と発展を支援しています。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

ITの進歩により、私たちの業界の行く先が変わっていく現在、10年20年と永続する組織になる必要があります。そのために、人事評価制度を導入し、社員一人一人の能力をアップすることが先決だと考えたからです。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

人事評価制度の導入で、社員が仕事に集中できる環境を作れることを期待しています。すぐに売り上げに結びつきにくい活動、互いのコミュニケーションをとる姿勢がきちんと評価されることで、将来への不安をなくし、安心を与えたいと思っています。また社員一人一人が、「将来の自分自身のため、家族のため、今すべきことは何か」を考え、常に「お客様の視点に立ち」「お客様の役に立って報酬をもらえていること」を忘れず、「誰にでも感謝の気持ちを持った人材」で在り続けてほしいと考えています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

私たちは、士業という専門性が求められ、チームワークが必要な中、これまでの働き方が大きく変わってくる業界です。これまで以上に、生産性を向上し、自分の頑張りが報酬と連動して評価されることによって、社員自身に成長を楽しんでもらえる制度を取り入れる必要があると感じました。3年前に初めて知った時からいい制度だと認識していたのですが、今始めなければダメだと思い導入を決めました。

 

事例集DLフォーム