ゼッタイ!評価は社員の伸びしろを育てる

株式会社イナバプランニングカンパニー

代表
稲葉 晴一
従業員数
6名
事業内容
保険ショップ『よくわかる保険の相談窓口』運営
URL
https://www.inaba-plan.com/

Q1.会社及び事業について教えてください。

「よくわかる保険の相談窓口」を店舗として、今から20年前に株式会社イナバプランニングカンパニーを設立しました。当社は ”すべてのお客様の人生をベストコンディションに”整えるために様々な取り組みを実行していき、お客様のライフラインを目指す会社です。
年間300人以上のお客様へお金と保険に関するアドバイスをしています。考え方を少し変えるだけで将来のお金の貯まり方(資産形成)は大きく変わります。正しい保険機能についてご理解いただく為に、複雑なことを簡単に、簡単なことを深く楽しくお伝えしております。また一般の方を対象にした老後の生活費や、賢くお金を増やす方法、銀行や証券会社では教えてくれないお金の貯め方をお伝えするセミナーや、同じ生命保険販売業の方々への営業塾を毎月開催しております。

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

自分が考えていたことにあしたのチームの考え方がぴったりと当てはまったからです。
世の中には成果主義の人事評価制度もありますが、成果主義の世界では人間の伸びしろが評価されず、それでは会社の発展はないと考えています。実は、ゼッタイ!評価を導入する以前の人事評価制度は、4年前に自分で作成しました。そのとき、全体の社員数は3名しかいませんでした。人事評価制度作成の為に色々情報収集しましたが、中でも『鬼束PDCA』の書籍を見て感銘を受け、その関連セミナーであしたのチームに出会いました。
そこで、会社にとってどのような社員に在籍していてほしいか考えるようになりました。今すぐに実績を上げる社員はもちろんプラスだと思います。しかし、会社の10年後、20年後の会社の成長を考えた時に必要なのは、自ら会社の課題を見つけて解決していく社員です。そのような社員に一人一人が成長できたらとても強いチームになると思います。ゼッタイ!評価は社員の伸びしろを育てる、つまり人材育成ができるツールだと捉え、導入に至りました。
人事評価制度を回していく中で、課題も見えてきましたが、それはこれから解決すればよいだけの話です。最も重要なことは見える化できることだと考えています。この人事評価制度は半強制的に回していくため、目標で設定した行動の優先順位も上がり、何よりも人の評価が明確になったことがとても良かったです。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

売上、社員の人格、会社の雰囲気、全てが変わると期待していますし、必ず変えていきたいと思っています。あしたのチームの人事評価制度の良い点は、3か月毎の会社の進化に合わせ「取り組んでみて、難しかったら変える」という形で、シンプルに適宜見直しを行っていくことができることです。自分で人事評価制度をつくって運用していた時から大切にしていることは、「自分はこういう会社にしたい」という想いを社員に伝えた上で見直しをしていくということです。決して一方的にならず、現場の課題感や進化に合わせて、社員の給与UPを実現する為に見直しを行っていきたいです。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

自分が考えていたことが、仕組みとして実現されていたので他社と迷うことがありませんでした。はじめてコンピテンシーマスターやNGワードの一覧を見たときには、秀逸だと感じました。当時、私が悩んでいたことは、PDCAの回し方です。新しいPDCAを回していく為の管理が難しいと感じていました。あしたのチームの人事評価制度は、コンピテンシークラウドというシステムを利用していくので、メモ機能を使ってアドバイスができたり、簡単に過去の評価シートを検索して比較ができます。自分だけでは管理しきれなかったと感じますし、他にも便利な機能が搭載しているので、是非コンピテンシークラウドも活用していきたいと思います。

 

事例集DLフォーム