決め手は、他社にはない手厚いサポートがあったこと

株式会社クオンツ

代表
高橋 文明
従業員数
25名
事業内容
Salesforceの導入支援
コンサルティング
URL
http://www.quanz.co.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

世界No.1の営業支援CRMである、Salesforceの導入支援及びカスタマイズ支援をメインに事業を行っております。これまで多数のお客様を支援し、成功に導いてきた豊富なナレッジやノウハウを活用し、効率的な導入支援、カスタマイズを行えるのが私達の強みです。私達はSalesforceの専門家集団として、お客様のビジネスに貢献できる最強パートナーを目指しています。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

『従業員の定着と人材育成』
これまで待遇面では、会社として出来るだけ社員に還元してきたと考えています。ですが待遇を上げたとしても、社員の会社に対する満足度は比例していなかったように思います。一定数の離職者も出てしまっている状態でした。そこで待遇改善以外に何らかの対策が必要だと考え、人事評価制度の導入に踏み切りました。お客様先に常駐しているエンジニアとも、面談をこれまで以上に定期的に実施したり、上司部下間のコミュニケーションを強化しながら、帰属意識を高められるような仕組みにしたいと考えています。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

『社内のコミュニケーションの充実』
これまで人事評価制度がないことで、上司部下間での面談やミーティングなどもあまり実施できていませんでした。あしたのチームの人事評価制度の仕組みでは、月に1度の面談が組み込まれているため、上司部下間でのコミュニケーションが強化できると考えました。また社員一人ひとりの状況や課題なども、面談を通じて把握することで、より社員が働きやすい会社にしたいと思っています。この仕組みを活用して、普段関わりが薄いメンバー同士の、コミュニケーションの充実や情報交換に繋がることを期待しています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

『手厚い運用サポートがあったこと』
最終的な決め手は、他社にはない手厚いサポートがあったことです。実際のところ、運用の部分が最も不安に感じていますし、正直本当に定着化できるのか、不安はあります。しかし、これまで多くの企業様の運用サポートをしてきたあしたのチームに期待をして、今回お任せすることを決めました。

 

事例集DLフォーム