現在の人財の能力向上が大きな課題

株式会社ジェイ・アイ・エム

代表
橋本 貴史
従業員数
180名
事業内容
情報処理
コンサルティング&システム開発
URL
https://www.jim.co.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

株式会社ジェイ・アイ・エムはBusiness Process Solution Companyとしてお客様の文書情報管理の課題に対して様々なソリューションを展開しています。お客様が所有している膨大な情報を、有効活用するために、文書情報のライフサイクル(作成、管理活用、保管、廃棄)を総合的にサポートしています。またその処理においては、近年の情報の重要性を考慮した強固なセキュリティ体制のもとで実施しています。

 

Q2.人事における、現状の課題は何ですか?

会社の方針へのベクトル合わせです。ビジョン共有と、各階層における役割を意識し、「思考と行動」をシンクロさせること。それを醸成させるには、個々の潜在能力の顕在化と、その掛け合わせによる総合力の強化が課題です。今求められるのは顧客価値を高めるためのソリューションであり、その実現は顧客との協働による課題解決であると考えます。今後は労働年齢人口の減少が現実として見えるなか、現在の人財の能力向上が大きな課題となっています。

 

Q3.人事評価制度導入を選んだ理由は何でしょうか?

現在、個人のライフスタイルが多様化しており、求めるものも変化してきています。組織は人の集まりであり、個々の生き方を実現するのも、組織の大きな役割の一つと考えています。その実現に向けた取り組みが人事評価制度であり、これによりそれぞれの生き方に沿った組織への帰属意識(エンゲージメント)を高めることが期待できると考えています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

多くの実績の中で、経験に基づいた運用が期待できる点です。人事評価制度を一から組み上げるには大きな労力が必要なこと、内部平衡を保ちながら運用するには各方面のバランス調整が必要になります。そのための基本的なノウハウがあり、それを企業文化や従来方式に適合するためのローカライズが可能なことが、ポイントになりました。

 

Q5.人事評価制度導入への懸念点はありますか?

一定の歴史がある企業で一般的に相対評価を行ってきた組織に、これを個々が定めた目標への達成度合いで評価することに対する不安は多少あります。安定的に運用するには課題抽出とその解決を繰り返すことで効果的な運用になっていくと思います。

 

Q6.人事評価制度に期待することは何ですか?

人財育成・成長の制度として期待をしています。目的は「人間力」の向上であり、その気づきを与えることで内発的な力を発揮してもらうことが、大きな目標となります。人の可能性を引き出す手段として、組織で取り組むには効果的方法であると思います。「人の成長」の上に「組織の成長」があります。その実践が人事評価制度です。

 

事例集DLフォーム