将来が見えないという理由で、離職に至る人を無くしたい

永和住宅株式会社

代表
天谷 大門
従業員数
150名
事業内容
注文住宅の設計・施工・販売
不動産取引
建売企画販売
観光事業
木材の仕入・販売
木材の加工
住設資材の販売
URL
https://www.eiwahome.co.jp/

Q1.会社及び事業について教えてください。

弊社は、注文住宅の設計・施工・販売から木材の仕入・販売、木材の加工などを行っています。禅の里・永平寺に生まれた永和住宅は、生まれながらにして「積雪の多い土地の家づくり」を知っています。さらに湿度の高さなど、北陸特有の気候に精通し、この土地に最も適した永和住宅独自の木を活かした家づくりと、木材から一貫した生産体制を敷いた家づくりを行っております。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

30年ほど前に経営コンサルタントの方に構築していただいた人事評価制度を運用してきましたが、現状に合わなくなってきたと感じたからです。売上を立てないと評価を受けないという状況であり、5年後や10年後のこと、また今働いている人により長く働いてもらうために、人事評価制度の刷新を決意しました。また、離職した方に理由を聞いたところ、将来が見えないという声がございました。そのような理由で、離職に至る人を無くしたいと強く感じています。人事評価制度を一つのコミュニケーションツールとして活用し、現場の声をより聞けるようなマネジメントを実現していきたいです。課題としては、役職と給与金額が完全に連動しており、経営トップからの一声で一新されてしまうことがあり、その点を解決したいと考えています。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

上司部下間のコミュニケーションをより充実させ、現場からの声を聞き、課題解決、離職の低下、マネジメントスキルの向上を期待しています。マネジメントスキルにおいては、特に社員の悩みを引き出し、有益なアドバイスを与えられるようなスキルを、身に着けてほしいと思います。より現状にあった、社員の頑張りを反映できる人事評価制度、給与体系の構築ができることを願います。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

現状一人の社員が辞めるとその業務内容ができなくなってしまうという課題があり、その旨をお世話になっている銀行に相談いたしました。やはり人事評価制度が重要だとお聞きし、実際にあしたのチームのセミナーへ参加したり、個別でのご相談をさせていただきました。その中で、人事評価制度の必要性を強く感じたためです。

 

事例集DLフォーム