個人にフォーカスする時間が作られ、成長支援のきっかけになった

株式会社シーラ SYLA CO.,LTD.

代表
湯藤 善行
従業員数
85名
事業内容
不動産売買、マンション開発、賃貸管理、建物管理
URL
https://syla.jp/about/

Q1.人事評価制度を入れてからの効果・変わったことを教えて下さい。

コミュニケーションが増えました。簡単で当たり前なことですが、制度を取り入れて、今までいかにコミュニケーションをとっていなかったかが分かりました。それまでは部下に対して評価のフィードバックが行われることもありませんでした。制度のおかげである意味強制的に個人にフォーカスする時間が作られ、成長支援のきっかけになっていると思います。
管理職に対し、成長支援も自らの仕事という認識が根付いたように思います。

 

Q2.人事評価制度を運用していく中での苦労はありましたか?

評価制度に時間を割いてもらうことがなかなか出来ませんでした。
日々の業務に追われ、そんなことする時間なんて無いと何度も言われましたが、社長が積極的に参加・発信することで前向きに動きました。また、社内SNSでのフォローをしつこく重ねることで意識づけができたと思います。上司向けの評価者研修も効果的でした。

 

Q3.働き方改革に向けた取り組みについて教えて下さい。

毎月第一金曜日はハッピーフライデーとし、17時に終業としています。(定時は19時)
3年、5年勤続時にリフレッシュ休暇と旅費を支給しています。誕生月に、バースデーチケットとして半休を支給しています。

Q4.今後、さらに人事評価制度の運用により改善したい課題は何でしょうか?

まだ運用1年のため調整を必要とする場合もありますが、目標設定の難易度の差や、評価者による甘辛をなくし、より評価制度の信頼度をあげていきたいと思っています。制度を活用して、自社の課題であるマネジメントスキルを向上させたいです。

事例集DLフォーム