課題を払拭するいいタイミング。「人材の定着」「人材の育成」が大きなテーマ

株式会社ヤマトサービス

  • 代表:酢谷 剛
  • 従業員数: 
  • 事業内容:仮設足場工事一式、仮設用機材のリース・販売 ほか
  • URL: 

Q1.会社及び事業について教えてください。

主に仮設足場に関する工事やその機材をリース、販売している会社になりますが、仮設足場はあらゆる建設工事に於いて必要不可欠であり、現場の安全作業の根幹を担っております。その全ての基盤はマンパワーにあります。
人手不足が深刻化する中、弊社では人材獲得担当が全国を周り若手職方の採用と、同時に職方の多能工化・有資格者の養成を積極的に行っております。
2019年3月にはご好評頂いておりました、弊社のリース部門を『株式会社ヤマトリース』として分社化し、関東及び首都圏近郊のお客様に『必要な物を必要な時に必要なだけ』スピーディーに提供することが可能となりました。
また、弊社のグループ内にはくさび緊結式足場材・防音パネルの製造メーカーを有しており、足場工はもとより、塗装工や解体工の『こんなのあったらいいな』のご意見ご要望を、製品化にする取り組みも行っております。
“やりたいこと”と“出来ること”は往々にして異なることが多いものですが、これからも出来ることから直向きに凡事徹底して参りたいと思います。
そして何よりも、建設業を通じて日本社会の発展に寄与貢献していきたいと考えています。

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

導入のきっかけとしては、金融機関からのご紹介でした。
弊社の課題として、大きく2点ありました。
1つ目は、「人材の定着化」です。採用は出来ているが人が定着せず、目先の給料だけを考えた若年層の社員が他の企業へ流れてしまっていること、
2つ目は、「人材の育成」です。特に現場の社員は社会人として当たり前のことが出来ていないこと、また名ばかりの役職をつけてしまったがために、役職に対する責務を果たしていないことが会社の課題としてありました。
その課題を払拭するいいタイミングということもあり、少しでも上記の課題を解決できればと思い、導入に至りました。

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

今まで組織図から社内・賃金規定に関することが全て曖昧な状態にありましたので、まずはその基盤を精査し、最終的には特に現場社員の方の評価に対してしっかり報酬で報いていければと考えています。

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

この変更しようというタイミングで自社ではどうにも手がつけられなかったため、人事評価のプロである「あしたのチーム」さんに依頼しようと思いました。

事例集DLフォーム