未来の自分を想像できるようになり安心して働いてもらえる会社へ

株式会社レイジックス

  • 代表:敬禮 匡                
  • 従業員数:非公開                
  • 事業内容:海鮮丼を主体とした北海道料理の飲食店を展開          
  • URL:https://www.ashita-team.com/jirei/

Q1.会社及び事業について教えてください。

海鮮丼を主体とした北海道料理の飲食店を展開しています。弊社は「北海道力の創造」を理念に掲げ、一貫した方向性として「一次産業の付加価値」を意識して取り組んできました。その一環として食に付加価値を付ける仕事、そして道外からの来訪者が喜んでいただける仕事、すなわち北海道ブランの向上に寄与できる業態として現在の事業を展開しています。

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

「北海道力の向上=人間力の向上」という思いから、弊社では当初より「小さな目標を積み重ねていくことにより夢・理想へ向かっていく」という考え方がありました。そのために、人としての成長を目的とした研修・セミナーを主体として、社員それぞれのステージあった教育に取り組んできましたが、社員が人としての成長ステージを上げていくのとキャリアとの繋がりがあいまいで、結果的に経営陣の所感で決定しているのが現状でした。
今後、社員が根拠ある未来の景色を見出すためには、成長ステージとキャリアとの繋がりがクリアで無くてはならないと悩んでいく中、知人よりあしたのチームのゼッタイ!評価をお勧めしていただき、私が思い描いていた「能力と資質の両方を評価する」と「小さな目標をクリアすることでのモチベーションアップ」の両方を兼ね備えた評価システムでしたので、導入を決断しました。

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

「人として成長する結果として与えられるのが報酬である」ということが社内全体に浸透し、社員皆さんの腹に落ちていくことを一番期待しています。またキャリアは能力の向上だけではなく、人としての資質も高めていくことが必要と理解してもらえることも期待しています。その結果、今の若い社員たちが未来の自分を想像できるようになり安心して働いてもらえるようになるのではないかと考えています。

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

弊社はマンパワーを店舗に集中させているため、人事は役員や管理職が分担をして行なっております。そのため、制度の構築や進行をすべてお任せできる、安心して進められることが、選んだきっかけです。またコンピテンシークラウドはとても使い勝手が良く、評価者の役員や管理職は出張や外出することが多い中、目標設定の進捗管理や評価管理が外出先でも可能なことも選んだ決め手になりました。

事例集DLフォーム