スタッフの迅速なスキルアップを促したい!

株式会社琉球フットボールクラブ

代表
倉林 啓士郎
従業員数
20名
事業内容
スポーツ球団「FC琉球」の運営
URL
http://fcryukyu.com/

Q1.会社及び事業について教えてください

沖縄のプロサッカーチーム「FC琉球」の運営を行っている会社です。選手の育成や試合運営だけではなく、チームを運営していくためのスポンサーへの営業やグッズ販売、また、より幅広い層の皆様にチームのことを知ってもらうための広報活動なども行っております。FC琉球は今季より念願のJ2初昇格を決め、これまで以上の働きが期待されています。チームを取り巻く環境も大きく変わってくるため、スタッフ一丸となって選手たちを支えていきます。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

【「チームが強くなってJ2昇格を果たすためには、選手だけでなくフロント・社員の強化が必須!」そのために、目標設定とフィードバックの仕組みを作り、組織を活性化します。】これは昨年、人事評価制度の導入を決めた際、社員説明会でスタッフ皆に伝えた言葉です。チーム全体を強くしていくには、選手自身だけではなく、それを支える周囲のスタッフもスキルアップをしていく必要があるとして、
自身の課題を見つけ、改善していく仕組みづくりができるこの人事評価制度を導入しました。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

人事評価制度の導入にあたり、期待していることは、各目標項目(コンピテンシーやMBO)のなかに入れ込んでいます。全社共通コンピテンシーでは、「チャレンジ性」「チーム精神の発揮」「目標達成への執着」「コスト意識」をそれぞれ設定しました。「チャレンジ性」は掲げた目標に対して取り組んでいく姿勢、「チーム精神の発揮」では任された自分の仕事のみで終始するのではなく、チームのための積極性を、また「目標達成への執着」ではチームとしてJ2を目指すため、目標達成にこだわってほしいとの強い想いを、「コスト意識」では収益を増やしながら支出を抑える意識をもってもらう、など想いをこめています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

チームを支えるスタッフの育成を考えたときに出会ったのがあしたのチームでした。自身の課題を見つけ、目標を自己設定して四半期で行動改善をして高速で成長していく制度で、スタッフの迅速なスキルアップを促したいと思いました。今期からはJ2に昇格し、新たな1年が幕を開けます。今年からはさっそく、次のステップであるJ1を目指してチーム一丸となって邁進していきますので、今後も応援よろしくお願いします。

 

事例集DLフォーム