社員の生産性を上げていく事が急務!

株式会社横浜ビー・コルセアーズ

代表
植田 哲也
従業員数
20名
事業内容
・プロスポーツチームの運営
・プロスポーツ選手のマネジメント
・スポーツイベントの企画・運営・主催など
URL
https://b-corsairs.com/

Q1.会社及び事業について教えてください。

プロスポーツチームの運営全般を行っており、メインはスポーツのイベント企画です。
プロスポーツチームとして、地域に存在する意義を明確に伝えられるチームを目指しています。なぜ人気のある飲食店に人が集まるのか?そこに存在する意義と価値を高め、広げていく事ができているからです。それは、プロスポーツ球団も同じ事です。市民区民の皆様の為にどれだけ役に立っているか、という観点から、我々はスポーツイベントの提供だけでなく、地域の皆様に、老若男女問わずに健康の追求ができる環境をスポーツを通して提供していきたいと考えています。たとえバスケットに縁がない方でも、「横浜ビー・コルセアーズのおかげて健康になった、楽しかった」という喜びの体験を感じてもらいたいです。

 

Q2.人事評価制度導入に至った理由、現状の課題は何ですか?

従来から組織の基盤や運営の仕組みをしっかりつくっていきたいと感じていました。プロスポーツ球団だからといって、必ずしも特別な会社というわけではありません。あくまで民間企業の1つとして成長していきたいです。社員の人生の中で、仕事に費やす時間とプライベートの時間のバランスを保ってもらう為にも、あしたのチームの人事評価制度を活用して社員の生産性を上げていく事が急務だと考えています。

 

Q3.人事評価制度導入にあたり、期待していることは何でしょうか?

社員の意欲を継続的に向上させたいです。人はゴールが見えるとモチベーションは上がっていきます。しかし、ただゴールだけを見せるのではなく、ゴールに至るまでの過程を四半期毎に目標設定、評価をしていく事で、社員が確実に成長を遂げていけると思っています。野球に例えますと、ホームランを狙うのは容易ではありません。日々の試合でヒットをいかに効率よく打っていくか、その為の努力をどうしていくかを追求していける仕組みだと期待しています。

 

Q4.なぜ、”あしたのチーム”を選ばれたのか?

あしたのチームの導入実績数が豊富にあるところに魅力を感じました。実績が多いという事は、人事評価制度について安心して相談できるからです。自社で制度構築するのはもちろん、作った制度を形骸化させずに、どううまく運用していく事ができるのか?そのノウハウ提供をしてくれるのがあしたのチームです。これからも会社の根幹を支える人事評価制度について、アドバイスを吸収し社員の育成に繋げていきます。

 

事例集DLフォーム