”仕組みで”ビジョン共有と社員のモチベーションアップを実現したい

株式会社メリット

導入時期 2020年9月
従業員数 32名
課題 ビジョン共有と適切な評価によるモチベーションアップ

会社及び事業について教えてください。

当社は『私たちは、「楽しい街・住みやすい街・働きやすい街」豊かな山陰へ、情報発信を通じて貢献します』を企業理念として、生活に関連する情報を中心に様々なメディアやサービスを通じて地域に貢献することを目的に活動しています。

具体的には、求人情報媒体やサービスを通じた採用支援事業、地域情報誌やWEBメディアの運営、ポスティングサービス等を通じたエリアマーケティング事業、それらのノウハウやこれまで培ってきたネットワークを活用した企画開発事業、各種メディアの制作やプロモーション等の制作等を行っています。
これらの事業を通じて「情報」が果たす役割、つまり、この地域に関わる全ての人々が心身ともに豊かな日常をおくり、楽しい体験や感動を得るためのきっかけづくりを行っています。
また、当社のキーワードは”挑戦”であり、それは、常に流動するメディアの波の中で最上のサービスをご提供する合言葉です。
消費者の流行・興味・趣向は日々移り変わり、当然、企業の提供する材料や技術も変化しなければなりません。
そして、この消費者と企業の”進化”と同じく当社も新しい情報発信手法をはじめとし、新しい媒体、新しいイベント、新しい事業を模索しつづけております。

現状の組織の課題を教えてください

現状の課題としては大きく2点ございます。
1点目が外部環境へのスピーディな適応です。
リーマンショック・新型コロナウイルス・紙媒体からWEBへの移行など、外部環境は日々目まぐるしく変化しております。その変化にスピーディに対応するために会社としてサービスの見直しや拡充など実施しておりますが、その戦略や方向性を現場の社員まで浸透させることが課題であると考えております。

2点目は適切な評価の実施による社員のモチベーション向上です。
社員が30名を超えている中で評価制度がなかったため、全社員の日々の仕事ぶりや頑張りが適切に評価できていないのではないか?という思いがございました。

営業に関して数値目標はありましたが、数字では表せない日々の行動や頑張りに対しての評価やその他の部署についても目標が明文化できておりませんでしたが、明確な目標設定こそが社員のモチベーション向上や仕事のやりがいに繋がると考えております。

課題解消に向けて、人事評価制度に期待していること(こんな評価制度にしたい)を教えてください

1点目の「外部環境へのスピーディな適応及び現場の社員への浸透」をするためには会社や部としての目標や方向性を定め、社員一人一人の目標に落とし込むだけでなく、管理職と社員の定期的な1on1を実施し、トップダウンでもボトムアップでもない双方向のコミュニケーションを図っていきたいと考えております。
管理職のメンバーについては部下との1on1の経験がない者もおりますので、あしたのチーム様からも1on1の目的や実施方法などを管理職にレクチャー頂いた上で上辺ではなく、PDCAサイクルの起点として有効活用していきたいと思います。
また、管理職へのビジョン共有が出来ていない限り、管理職及び部下間での面談の方向性が的外れになってしまうため、まずは私含めた幹部と管理職とのコミュニケーションを1on1でも図り、ビジョン共有をしていきたいと考えております。

2点目の「適切な評価の実施による社員のモチベーション向上」についてですが、この点は目標を明確にするだけでは実現できないことであると考えております。
目標の達成度に応じて給与への反映を行うからこそ、社員自身の目標に対するモチベーションが向上するのだと思います。
もちろん社員によって価値観が様々ですので、何が仕事のモチベーションに繋がるのかという点は異なると思います。
それが給与という社員もいれば、やりがいや成長、労働環境など複数の要素があると思いますが、個人ごとに目標を明確にし、振り返ることはその多くの要素を満たすことに直結すると確信しております。
ただし、給与への反映を行うためには適切な評価が出来るように仕組みや運用方法を見直ししていく必要がありますので今後運用していく中でブラッシュアップをしていきたいと考えております。

3年後の会社のイメージを教えてください

「私たちは豊かな山陰へ、情報発信を通じて貢献します」という理念を実現するためにも、時代の変化に合わせて情報発信の在り方や方法など柔軟に見直しております。山陰が「楽しい街」「住みやすい街」「働きやすい街」であり続けるためには”常に”そのような進化が必要不可欠であると考えております。
特に業界全体としてもWEB化への移行や顧客ニーズなどの変化により、柔軟性が試されており、今後もその流れは変わらないと思います。
そのような変化の中で会社と社員が進化し続けることで地域(山陰)へ貢献し、結果として会社の業績も上がり、社員の所得も増える、という三方良しの状態を追及していきたいと考えております。
「メリットに入社して良かった」と心から思ってもらえる社員が一人でも増えることを願っており、そのために会社として出来ることや取り組むべきことを積み重ねていきたいと思います。

人気の事例ランキング

2020.05.11

中舘建設株式会社

「チームが勝つ」ために、人事評価制度を導入しました...

2020.04.28

株式会社スタイルスグループ

社員の健常な成長に繋げていくことが出来ると感じた。...

2020.04.28

岡安商事株式会社

上司と部下の対話の機会が増えたことで、コミュニケーションが活発になった。...

2020.04.28

株式会社PLAN-B

「あしたのチームなら大丈夫」という声、近しい経営者仲間の後押しで安心感があった。...

2020.04.28

ローヴァーズ株式会社

目指すべきことが明確になり、モチベーションも上がってきた!...

あしたのチームのホームページはこちら

人事評価サービス業界No.1。あしたのチーム。

あしたのクラウドはこちら

みんなの「納得」につながる人事評価クラウド。