ホーム > ビジネスマン向け > 自己効力感とは?看護現場でも注目される、目標達成に欠かせない自己効力感の重要性を解説

自己効力感とは?看護現場でも注目される、目標達成に欠かせない自己効力感の重要性を解説

看護現場でも注目されている「自己効力感」という概念をご存知でしょうか?

自己効力感はあらゆる場面において、目標を達成するために欠かせない感情の一つとして認知されている心理学用語です。

この記事では自己効力感を持つことの重要性や、看護現場で自己効力感が与える効果などを詳しく解説します。

バンデューラの自己効力感とは?

自己効力感は、心理学者・アルバート・バンデューラ(Albert Bandura)氏が提唱した概念です。

自己効力感とは、価値ある目標を目指して「自分ならできる」と自信に満ちた感覚のことです。英語では「セルフエフィカシー(self-efficacy)」といい、「自己効力感」以外にも「自己可能感」「自己革新」などに訳されます。

自己効力感が高い人ほど目標達成の成功率が上がり、逆に自己効力感が低い人は何事もやり遂げられないといった結果に差が出ます。

例えば「自分は必ず東大に合格できる」と勉強に励む子どもと、「どうせ自分なんか東大に受かるはずがない」と思って勉強をする子ども、どちらが合格という目標を達成しやすいかは一目瞭然でしょう。

自己効力感は主観です。「自分はできる」という自分への信頼感であり、他人が自分をどう評価しているのかはあまり重要ではありません。

「自己肯定感」と似ていますが、自己肯定感はありのままの自分を認める感覚であり、「自分はできる・できない」という評価は必要ないといえます。その点が自己効力感との違いでしょう。

自己効力感の4つの要素

アルバート・バンデューラ氏は、自己効力感を生み出すには4つの情報源があると提唱しています。ここからは自己効力感に必要な要素について紹介していきます。

直接的達成経験

自分が定めた目標を達成すると、次に高い目標が出てきても過去の成功体験によって「自分ならやり遂げられる」という揺るぎない自信がつきます。これを「直接的達成経験」といいます。

「営業業績を前年度120%向上させた」「資格を取得した」など、どんな些細なことでも自分が決めた目標を達成すれば、自己効力感は高まっていくでしょう。特に「20㎏の減量に成功した」といった辛い経験は忍耐強さを発揮するため、より自己効力感が定着します。

直接的達成経験では、「自力で物事をやり遂げた」という実感が重要といえるでしょう。

代理経験

直接、自分が行動しなくても他者の経験を見聞きするだけで自己効力感は高まります。これを「代理経験」といい、「モデリング」とも呼ばれています。

代理経験は、他者が何かの行為の結果として報酬を受け取ったと観察すると「自分でもできそうだ」という感覚を持ち、自己効力感を高めます。反対に他者のある行為が失敗に終わったと観察すると、自己効力感を低下させます。

読者でも代理経験は積めますが、ロールモデルの対象者が近しい人物であればあるほど、代理経験の効果は増加するでしょう。

言語的説得

自分の能力やスキルが優れている点を他者から指摘され、何度も繰り返して「あなたならできる」と説得されると自己効力感が高まります。これが「言語的説得」です。

例えば小さな子どもが、教師や親に「走るのが速いね」「歌が上手だね」と何度も褒められると、子どもはその事柄を前向きに取り組みます。結果、より技術やセンスが向上して自信がつき、自己効力感が高まるでしょう。

これはただ単に「褒められたから」ではなく、褒められたのをきっかけに自ら行動し、やり遂げられる能力が身についたためです。自らが挑戦すべきと取り組んだ結果、自己効力感の形成につながったといえます。

生理的・情動的喚起

生理的・情動的喚起とは、簡単にいうと身体の中で生じた生理的、感情的な変化状態を意識すると自己効力感が形成されるというものです。

例えばプレゼンテーションをするときに失敗してしまった場合、まわりから笑われたと思い手に汗を握り、緊張感が増します。この経験により、プレゼンテーションに関しての自己効力感は低下します。逆にリラックスできる状態に持っていけば、自己効力感は高まるでしょう。

このように生理的・感情的な変化を自分がどう受け止めるかによって、自己効力感の形成が異なるのです。

看護現場における自己効力感の考え方

自己効力感の概念は、看護現場でも重要視されています。

なぜなら、患者の自己効力感の高さによって、回復の度合いが異なる事例が多く報告されており、治療において自己効力感の形成が何よりも大切であると考えられているからです。

アメリカの看護師、ドロセア・オレムによって開発された看護理論によると、セルフケア不足の患者には自己効力感を高める看護を取り入れるのが重要だとされています。

たとえばリハビリで日常生活動作(ADL)が拡大している患者でも、看護師にケアしてもらうことが当然であると思い、セルフケアを行わないケースがあります。そこで看護師らは、患者に小さな成功体験を多く積ませて「自分でもできた」と実感させて、自己効力感を高める取り組みを行っています。

一方、看護する側も「自分なら患者と信頼関係が築ける」「よりよいケアが提供できる」と自己効力感を高めつつ、患者と向き合う姿勢が求められています。

自己効力感を高める方法

これまで、自己効力感が形成される情報源について紹介してきました。

続いては自己効力感を向上させるための具体的な方法について見てきましょう。自己効力感を向上させれば、ビジネスをはじめ、さまざまなシーンで役に立ちます。

小さな成功体験を積み重ねる

自己効力感を高めるには、直接的達成経験をするのが最も効果的です。

そこで実現可能な成功体験を多く積み重ねて、「自分でもできる」という実感を強くしていきましょう。

ポイントは、「ハードルが低い短期目標をたくさん積むこと」です。たとえば「本を1冊読み切る」「3日に一度、休肝日をもうける」など日常生活で行える直接的達成経験はもとより、「今週はアポを1件取る」「タスクを今日中に終わらせる」など会社においても小さな目標を立てて、達成していきましょう。

「3年以内に年収を今の倍にする」などの長期的かつ、実現できるかわからない目標設定は避けましょう。まずは短期で達成できる目標設定が大切です。

過去に成功した経験をリストアップする

直接的達成経験をしたことを掘り起こすのも、自己効力感を高めるのに有効です。

まずは過去の成功体験をリストアップしてみましょう。些細なことでも構いません。「自分でもできた」「できなかったのにできるようなった」ことを思い出してみましょう。

「TOEICで860点以上のハイスコアが取れた」「営業成績で全国1位になった」など誇れる実績である必要はありません。「料理がまったくできなかったのに作れるようになった」「マイナス2㎏の減量に成功した」など些細なこともすべて書きだしてみてください。

繰り返し成功体験を積み重ねてきたという実感が持てれば、おのずと自己効力感が高まるでしょう。

成功をイメージしてポジティブな気分になる

自己効力感を生み出す情報源の一つ「生理的・情動的喚起」において、気分がいいときに自己効力感が高まり、逆に気分が落ち込んでいるときに下がることがわかっています。そのため、過去の成功体験がどうしても見当たらないときは、成功をイメージして自分を鼓舞しましょう。

アスリートは重要な試合の前に、成功している自分を具体的にイメージして試合に挑みます。これをバンデューラ氏は「想像的体験」と定義しています。思い込みでも十分、自己効力感は高まるのです。

失敗の捉え方を変える

自己効力感が強い人は、失敗を恐れずに何事にも挑戦します。一方、自己効力感が低い人は「どうせ失敗する」「自分がやっても失敗ばかりだ」と常に失敗を恐れて、チャレンジ意欲が弱まります。

では「失敗」とは、一体何でしょうか?フォード・モーターの創設者、ヘンリー・フォードは「失敗とは、より賢く再挑戦するためのよい機会である」という名言を残しています。失敗を次に活かして「自分でもできた」と克服すれば、確実に自己効力感が形成されるでしょう。

自己効力感が形成されれば、モチベーションが上がります。すると行動が伴って結果、物事がうまくいき、より自己効力感が高まります。この循環が上手く回るようになるためにも、失敗の捉え方を変えましょう。

自己効力感が強い身近な人を観察・模倣する

自己効力感が強い人を観察・模倣するだけで、自己効力感がアップします。この代理経験による対象者は幅広く、有名人や著名人でも問題ありません。

しかし確実に自己効力感を高めたいなら、身近にいて信頼や尊敬できる人をロールモデルにしましょう。加えて、自分と類似性が高い人を対象にした方がより効果的です。類似性が低いと、影響を受けにくく自己効力感が高まりません。代理経験においては「あの人ができたなら、自分もできる」という実感が大切なのです。

ただし代理経験は、直接的達成経験に比べて自己効力感を高める効果は低いため、補助的に使うのがいいでしょう。

応援してもらえる環境に身を置く

自分で自己効力感が高められない場合、仲のいい同僚や友人たちなど周囲の人に応援してもらうのも一案です。しかし「自分を褒めてくれ」と周囲にお願いするのも、躊躇するものです。

そこで社内のイベントやセミナーを利用して、集団セッションなどのグループワークに参加してみましょう。他者から褒められたり、励まされたりすれば自己効力感が高まります。一つ注意したいのが、言語的説得による自己効力感の形成は効果が長く続かないという点です。

定着させるためには、今までの成功体験やこれから取り組みたいことなどをレポートにまとめるなど、モチベーションが続くよう目に見える形で残しておきましょう。

適切な人事評価で社員のモチベーションアップをサポート

組織全体が成長し続けるには、社員一人一人の自己効力感を向上させることが何よりも大切といえます。しかし、社員の努力だけで自己効力感を向上させるのは、なかなか難しいものです。

そこで、まず自社の人事評価制度を見直すことをはじめてみましょう。評価の指標がわかりやすい人事評価制度を構築すれば、社員のモチベーションアップが図れます。

成果に対するが目に見える形で分かれば、社員の「自分でもできた」という実感が伴い、自己効力感も格段に向上するでしょう。

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート