ホーム > 経営者・人事部向け > 確認すべき人材育成のポイント!企業に合った人材を育てよう

確認すべき人材育成のポイント!企業に合った人材を育てよう

(写真=shimi / PIXTA)

人材育成は、会社の組織力を向上させるために欠かせない要素ですが、大企業を除き、人材育成を戦略的に行っている企業は少ないようです。
個人のスキルアップやモチベーションの向上を促すことによって、社員が自発的に行動し、新たなイノベーションを生み出すことが人材育成の効果であり、会社の成長を促進する原動力になります。

この記事では、人材育成のポイントを分かりやすく解説します。

どのような人材育成が必要か?

人材育成でまず考えるべきことは、会社に必要な人材や能力を明確にすることです。業種に関わらず、企業では、年間および月間の売上などの目標値が設定されているはずです。まずは、この目標を達成するために必要な人材・能力を考えます。

必要な能力が明確になったら、人材育成計画を立てます。人材育成は会社全体で計画するものであり、社員個人に任せるものではありません。具体的な方法や期間を設定し、評価と改善を繰り返して社員の能力が向上しているかどうかを判断する必要があります。

人材育成にはいろいろな方法がありますが、大きくOJT(On the Job Training)と
OFF-JT(Off the Job Training)に分かれます。

OJTとは何か?

OJTとは、日常業務を行いながらスキルを習得する教育訓練のことです。具体的には、新入社員や若手社員が上司や先輩社員と一緒に行動したり、仕事を教わったりする教育訓練がこれにあたります。OJTは、主に会社のシステムや業務上の作業を理解・習得するのに役立ちます。

OFF-JTとは何か?

OFF-JTとは、通常の業務から離れて行う教育訓練のことです。より専門的な知識を習得する場合に利用されます。英会話教室や外部技術訓練、各種セミナー、外部研修、マナー教室、ハラスメント教育などが該当します。

人材育成のポイントとは?

人材育成の目的は、会社に必要な人材を育てることなので、実行部隊である各部門で必要とされる能力を高める必要があります。

営業であれば企画力、対話術、コミュニケーション力、行動力、語学力、
製造部門であれば技術力、開発力、デザイン力、
財務や会計であれば、数値把握能力、処理能力など、
各部門によって必要な能力が異なるため、人材育成もそれに対応する必要があります。

個々の能力を知ることが大切

能力は年齢、専攻、経験などの影響を受けるため、個人差があります。
1つの能力に秀でた人でも、総合的に見れば人材育成の余地はあります。

個人の能力を細分化して評価することで強みと弱みを把握し、強みを伸ばすのか、弱みを補うのかを含めて人材育成を計画します。

キャリアアッププランまで考える

人材育成によって、ほとんどの人がある程度までは成長しますが、実際に会社が求めるレベルに達するとは限りません。

人材育成の根幹は中長期的に会社に貢献してもらうことなので、個々の社員のキャリアアップまで考えて計画していくことが大切です。

企業における人材マネジメントとは?

人材育成は、短期的教育や訓練が中心になりがちですが、実際は数年単位の長期的なビジョンを計画する必要があります。

人材マネジメントは、長期的経営計画において最も重要なファクターと言えるでしょう。

企業経営においては、人材・教育・能力開発・組織のあり方を総合的に計画し、収益力を最大化するが求められます。

新卒社員の育成

人材マネジメントにおける新入社員の教育訓練は、単に仕事のやり方を教えるものではありません。会社に関係するあらゆることを伝えていきます。
たとえば、「仕事とは何か」や会社の理念、社会的意義などです。

しかし、実際は多くの会社で若手社員の育成に苦労しているようです。
厚生労働省の資料では 、若手社員教育における課題として、「多忙な業務により時間がない」「計画的な体系になっていない」「離職等により人材育成の投資が回収できない」などが報告されています。

中堅社員の育成

中堅社員の育成内容には「マネジメントの習得」「管理職研修」「リーダーシップ」などがあり、ある程度の役職以上になると指導力や管理力が求められることがわかります。

企業に合った人材育成を目指そう

人材育成のもう一つの狙いは、社員のモチベーションを上げることです。教育や訓練によって身につけた技術・能力を実際の業務に生かすことができれば、良い循環が生まれます。

社員の自信や評価が向上することで、一人ひとりが自発的に行動するようになり、より高い成果を求めるようになります。それぞれの会社に合った人材育成方法を取り入れ、社員が成果を出しやすい環境を整えることが大切です。

無料eBook ダウンロード
このeBookでは、事業承継の現状と、その中で人事評価制度が果たせる役割をご紹介します。
後継者と会社が育つ事業承継
ダウンロード
このeBookでは、人事評価制度で社員の潜在能力を引き出すためのすごい仕組みをご紹介します。
従業員の潜在能力を引き出す、すごい仕組み
ダウンロード

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート