ホーム > 経営者・人事部向け > 企業に必要なリスクマネジメント、現在の動向は?

企業に必要なリスクマネジメント、現在の動向は?

(写真=Alexander Supertramp/Shutterstock.com)

どの企業にとっても、リスクマネジメントは欠かせません。リスクマネジメントといっても、その種類は様々です。具体的にどのような方法で進めるべきか、迷う人も多いでしょう。現在企業で起こり得るリスクに対してどのような対策がなされているのか、その動向をお伝えします。

リスクマネジメントとは?

リスクマネジメントとは、起こり得るさまざまなリスクを想定し、危機や損失を回避するために、組織として対策を講じることです。

BCP(事業継続計画)を策定しよう

BCP(事業継続計画) と は、いつ起こるか分からない自然災害やテロなどの非常事態に備えて策定する計画です。非常事態発生時に損害を最小限にとどめ、サービスや事業を早急に復旧することができるよう、平時から計画に基づいて訓練することが推奨されています。

どの企業にも必要なリスクマネジメントは何か

リスクの種類は、業種や職種によってさまざまです。しかし、どの企業にも共通して必要度の高いリスクマネジメントがあります。とくに重要なのは、以下の3点です。

自然災害対策

2011年に発生した東日本大震災では、東北や関東の企業が甚大な被害を受け、多数の企業が倒産や社員の解雇を余儀なくされました。未曽有の事態において企業を守ることも、経営者の重要な責務です。

情報漏えい対策

年々インターネット活用が進み、デジタル管理される情報が増えるとともに、情報流出のリスクは高まっています。情報リテラシーを高め、情報の取り扱いを正しく理解することで、企業や顧客の情報漏えいを防ぐことができるでしょう。

自社のシステムダウン対策

外部からの攻撃や災害時のインフラ停止により、企業の重要なシステムがダウンしてしまうおそれがあります。システムダウンを防ぐ対策とともに、停止したシステムを早急に復旧する計画の策定が求められます。

企業で実施されているリスクマネジメントの動向

では、現在各企業で実際に行われているリスクマネジメントについて見てみましょう。

訓練を重ね状況対応力をつける

2015年の「リスクマネジメント動向調査」 に よると、現在行われているリスクマネジメントの動向としては、対策本部訓練や机上型シミュレーション訓練、全社的訓練、ウォークスルー訓練、エクササイズ訓練などがあります。

最も多く実施されているのは対策本部訓練です。地図などを利用する場合は図上訓練ともいわれ、実際に起こり得る状況を予測し、具体的な対策を行う訓練をします。

ウォークスルー訓練は、BCPなどの実施計画に基づき、その内容を机上で確認する訓練です。エクササイズ訓練は、実施計画を手順通りに実際に再現するものです。これらの訓練を効果的に実施することで、従業員のリスクマネジメント意識の向上を図ることが大切です。

今後積極的に取り組むべきリスクマネジメントは何か

刻々と変化していく情勢の中で、今後はどのようなリスクマネジメントが求められるのでしょうか。

サイバーセキュリティ対策

情報技術は日々進歩し利便性が高まっていますが、それに伴って情報をハッキングする手段も増えています。情報漏えいやサイバー攻撃を防止するために、まずはシステム入口での対策、そして内部情報を守るための対策の強化が求められます。

コンプライアンス体制

近年、コンプライアンス違反により処分を受ける企業が増えています。法令や社会倫理に反した行為は、取引先や顧客だけではなく、社会的な信用も失いかねません。経営幹部だけでなく、従業員ひとりひとりの規範意識の向上、また情報共有の仕組みが重要になるでしょう。

【PR】無料お役立ち資料配布中

労務リスクという点では、時間外労働などが原因となる従業員との労使紛争などの対策も行っておく必要があります。本資料では、戦後最大の働き方改革が進行する中で、企業が生き残って行くために知っておきたい時間外労働の現状と、これからどう変化するのかという点ついてご紹介します。

【オススメ記事】
組織の生産性向上に欠かせないPDCAとは?
やりがいを求める若手社員。今と昔の違いは?
社員の能力を発揮させて業績アップが人事評価の基本
年収を上げたいと思われる社員になる秘訣
残業しない社員が評価される社会は来るのか?

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート