ホーム > 経営者・人事部向け > HRテックは成長領域?今後の展望も合わせて紹介

HRテックは成長領域?今後の展望も合わせて紹介

(写真=Inspiring/Shutterstock.com)

今、人事の世界が大きく変わりつつあります。従来、人事の仕事はシステム化が難しく、人の手に頼った部分が多くありました。しかし、昨今、IT技術の発達や、クラウド、人工知能の発展により、人事の世界でもIT化が進んでいます。こういった人事のIT化は、HRテックとも呼ばれています。HRテックの概要について、成長の方向性も交えながら解説します。

注目を浴びるHRテック

まず、HRテックとは何かについて、解説していきましょう。HRテックとは、「Human Resources」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語になります。今、HRテックが大きな注目を浴びているのです。

HRテックが注目を浴びている要因として、主に2つあります。1つは、テクノロジーの発達です。クラウドや人工知能の発達などにより、多量のデータを安価に処理できるようになりました。こういった技術の発達により、人事領域でもテクノロジーを活用できるようになりました。

もう1つの要因は、雇用の流動化です。今までは比較的固定化されていた人材が、雇用の流動化により、人材の管理が難しくなってきました。そういった中で、人材に関するデータを一括で管理・運用するニーズが増してきたことも、HRテックの躍進を下支えしているのです。

HRテックの市場規模は?

このように、注目を浴びるHRテックですが、その市場規模はどれくらいのものでしょうか。

株式会社ミック経済研究所の調査によると、2018年度のHRテックの市場規模は250.8億円となっています。2017年度は179.5億円であり、前年比で40%程度成長しています。2019年以降も同様の成長を続け、2023年頃には、市場規模1,000億円を超えるといわれています。市場規模はまだまだ大きくはないものの、今後、高い成長がみられる産業となっています。

HRテックは、採用管理クラウド、人事・配置クラウド、労務管理クラウド、育成・定着クラウドの4分野に分かれています。2018年度のデータによると、最も大きいのは採用管理クラウドであり、250億のうち約94億円を占めています。

ついで、人事・配置クラウドが約87億円、育成定着クラウドが46億円、労務管理クラウドが23.8億円、と続きます。軸となっているのは採用管理クラウドと人事・配置クラウド であり、今後もこの2分野がHRテックをけん引していくといわ れています。

>>中小企業導入実績No.1。柔軟で豊富な料金プランでどんな予算規模にも対応!あしたのクラウドの詳細はこちら

海外のHRテックの市場規模は?

一方、海外のHRテックは、日本に比べると大きく進んでいます。CB insightsの調査によると、世界のHRテックの市場規模は約140億ドルであり、日本のシェアは2%足らずし かないのです。

HRテックが最も大きく進んでいるのはアメリカであり、世界の市場シェアの62%を占めています。5億ドルを調達したZenefits や、HR techのイベントで優勝したBlue Boardなど、 世界を代表するHRテック企業があります。

アメリカに次ぐ市場規模を持つのがイギリスですが、イギリスの世界におけるシェアは約6%しかありません。いかにアメリカが、HRテックの先進国であるかがわかるのではないでしょうか。イギリスについで市場規模が大きいのは、インド、カナダ、中国の順に続きます。

HRテックの将来性は?

では、HRテックの将来性は、どのようなものでしょうか。

今、市場をけん引しているのは、採用管理や労務管理など、あくまで「管理系」がメインです。しかし、人事において価値があるのは、「モチベーション」や「エンゲージメント」など、データでは評価しづらい部分になります。

これらの部分はいまだ発展途上ですが、将来一つの産業として確立されてくれば、HRテックはさらに市場規模を拡大させていくでしょう。

今後もHRテックは期待大な産業

HRテックは、今、人事部門において最も注目を浴びている分野です。2018年の市場規模は約250億円ですが、2023年には1,000億円を超えるといわれています。しかし、世界を見てみると、世界のHRテックの市場規模は140億ドルを超えており、日本はまだまだ発展途上であるといえるでしょう。

今は採用管理や労務管理の部門が先行して市場を拡大していますが、今後、データ化しづらい、エンゲージメントやモチベーションの部分もHRテック化する余地が残されています。これが実現すれば、HRテックはさらに大きな産業になっていくでしょう。

HRテックの例.人事評価のクラウド化

創業10年、導入企業2,500社の実績から蓄積された、人事評価のビッグデータ
AIによる評価者のスキルの可視化や各種分析機能により
人材の育成を実現しながら人事評価制度の運用をトータルにサポート



コンピテンシークラウド®の詳しくはこちら

※株式会社ミック経済研究所 「HRTechクラウド市場の実態と展望2018年度版」より

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート