ホーム > 経営者・人事部向け > 人事制度を理解するために知りたい「雇用制度」と「等級制度」とは?

人事制度を理解するために知りたい「雇用制度」と「等級制度」とは?

(写真= Feel good studio/Shutterstock.com)

人事制度について、悩んでいる人事担当者は多いのではないでしょうか。しかし、一見複雑に見える人事制度であっても、その本質は、「どのように人を雇用するか」と「どのように人の能力を発揮するか」の2つだと言えるでしょう。「雇用」と「能力開発」という、人事制度の基本について解説します。

人事制度の基本とは?

人事制度に対して個人個人が思うことは様々でしょう。すべての人にとってベストな人事制度というものはありませんし、どんな制度を組んだとしても納得できる人ばかりとは限りません。そのため、人事制度については暗中模索となることも多くあります。

しかし、そういった時こそ、シンプルに考えたいものです。「優秀な人を採用し、その人たちを生かすためにどう組織を作るか」が、人事の根底にあるものではないでしょうか。

その観点から見ると、人事制度の基本は、「どうやって雇うか」の「雇用制度」と、「どのような役割を与えるか」の「等級制度」であるといえるでしょう。この2つをきちんと押さえることが、良い人事制度を作るための基本となるのです。

雇用形態にはどのようなものがある?

では、まず、「どのように雇用するか」について、基本的なものを見ていきましょう。

雇用については、「直接雇用か間接雇用か」「正規採用か非正規採用か」という2軸で語られることが多く、直接雇用の正規採用が、いわゆる正社員になります。

直接雇用の非正規採用は、契約社員やパート、アルバイトのことを指します。間接雇用の正規採用は基本的には存在しません。間接雇用の非正規採用が、派遣社員や業務出向を指します。

正規採用非正規採用
直接雇用正社員パート・アルバイト
間接雇用基本的に存在しない派遣社員、業務出向

基本的に最もコストがかかるのは正社員で、パートタイムや派遣社員は、正社員に比べてコストを抑えることが可能です。

しかし、非正規雇用を行う場合、社会保険などの労働者を保護するための法令を遵守する必要があるため、非 正規雇用だからといって一概にコストがかからないわけではありません。このあたりのバランスを考えながら、雇用形態を考える必要があります。

>>中小企業導入実績No.1。柔軟で豊富な料金プランでどんな予算規模にも対応!あしたのクラウドの詳細はこちら

等級制度にはどのようなものがある?

雇用形態が、「人をどう獲得するか」に焦点を当てたものだとしたら、等級制度は、「採用した人をどのように配置するか」という考え方になります。

等級制度は主に、下記の3つに分けられます。

  • 職能資格制度
  • 職務等級制度
  • 役割等級制度

能力をベースとした「職能資格制度」、仕事をベースにした「職務等級制度」、役割をベースにした「役割等級制度」とそれぞれ異なります。

職能資格制度

職能資格制度は、従来の日本企業に多く見られる制度です。役割や仕事に特化せず配置を行うため、ゼネラリストの育成や、配置転換の容易さなどがメリットです。一方、年功序列になりやすいなどのデメリットもあります。

職務等級制度

職務等級制度というのは、「この役割にはこの人材」という、主に欧米の企業で用いられているジョブディスクリプション (職務記述書)により職務内容を明確にした制度です。

役割に応じて等級が変わっていくため、スペシャリストの育成に適し、求められる人材像が分かりやすいなどのメリットがありますが、一方で組織や職務が固定化しやすいというデメリットもあります。

役割等級制度

役割等級制度は、さらに一歩進んで、「ミッション」をベースに等級を決める考え方です。各等級におけるミッションが目指す方向性を明確にし、組織の変化に柔軟に対応できるメリットがある一方、ミッションを達成しているかどうかを納得できる形で評価するのは難しく、信頼を得るまでに時間がかかるという点がデメリットです。

人事制度で悩んだら、「雇用形態」と「等級制度」という原点に帰ろう

人事制度は複雑さを増してきていますが、どんな状況においても「雇用形態をどうするか」「等級制度をどうするか」をベースに考えます。

もし、人事制度で悩んでしまった場合には、「自分はいったいどの部分で悩んでいるのか」を明確にしてみましょう。原点に立ち戻ることで見えていなかったことがクリアになり、新たな光が見えてくるかもしれません。

人事評価制度の「いまとこれから」

人事評価制度サービスをリードし続けるあしたのチームが考える人評価制度の「いまとこれから」、深い洞察とエビデンスに基づいた最新のレポートをダウンロードいただけます。


人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜
この基礎編では、人事評価制度の本質的な役割と位置づけを考察します。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜基礎編〜


人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜
応用編では、人事評価制度を導入するにあたっての問題点とこれからを考察していきます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価制度の役割とこれから〜応用編〜


人事評価を制度化する意義とその効果とは
人事評価を制度化する意義やその効果についてあらためて考えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

人事評価を制度化する意義

あしたのチームのサービス

導入企業3000社の実績と12年間の運用ノウハウを活かし、他社には真似のできないあらゆる業種の人事評価制度運用における課題にお応えします。


あしたのチームのサービス
人事評価制度の構築・運用支援、クラウド化。 これらをワンストップで提供することにより、企業の成長と従業員の育成を可能に。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

サービスガイド


あした式人事評価シート
あなたの会社の人事評価制度は運用しにくい制度かもしれません。人事評価制度を適切に運用するノウハウと、その理由をお教えます。

ダウンロードは下記フォームに記入の上、送信をお願いいたします。

評価シート