先輩インタビュー

小田原 祐太  2015年 5月 中途入社

青山学院大学卒業後、教育業界に就職し、校舎責任者として運営全般に携わる。その一方で評価制度のない環境に疑問を抱き、株式会社あしたのチームに入社。
大阪支社、名古屋支社において、約50社以上の中小企業ベンチャー企業に関与。現在は営業部長として多くの人事評価制度構築、運用に携わる一方、部下のマネジメントにも注力している。

Pocket

  • あしたのチームに入社を決めた理由を教えて下さい。

    前職で評価制度が無かったことから、頑張りを認めて貰える環境で働きたいという思いで転職活動をしていました。その中で評価制度を作る会社があることを知り、「ここしか無い!」という思いで入社しました。

  • 現在の仕事内容を教えて下さい。

    営業として評価制度の導入をご検討されているお客様への提案を行っています。またご発注頂いたお客様と一緒に制度を構築し、1年間の運用サポートを行っています。その一方で名古屋支社の責任者として支社の運営、マネジメントも行っています。

  • やりがいを感じる瞬間はどういう時ですか?

    運用サポートの結果、社員様がイキイキと評価制度に取り組んでくれるようになった時です。自分の働きかけで一人の社員様の行動が変わり、成長に繋がるのだと認識するたびに、非常に社会性の高い仕事をしているのだと実感します。

  • あしたのチームの一番の魅力は?

    至るところにチャンスが転がっていることです。年齢、性別、社歴は関係なく、頑張りや実力次第で沢山のポストが用意されています。また単なる成果主義ではなくプロセスを重視してくれることから、自分次第でいくらでも成長できる環境があります。

  • 今後(3~5年後)の自分自身のキャリアビジョンをお聞かせください。

    3年間支社長としての経験を積み、成果を上げることで部長職に就くことが目標です。部長職として上場企業の経営に携わることで、お客様の経営課題も解決できるコンサルタントを目指しています。

一覧に戻る