事業内容

わたしたちの事業内容について

人事評価制度構築・運用支援サービスを主軸とする事業を国内外に展開している私たち。
中小企業の成長を支え、頑張った人が報われる健全な社会をつくっています。

社会に必要とされている人事評価制度

<辞めてほしくない社員が辞めてしまった理由>

転職・退職経験者の求める人事評価に関する
インターネット調査。
2016年12月実施 

従業員と企業、人事に関わる双方の悩みを解決する。

2016年12月の有効求人倍率は1.43倍。1倍超の数字は求職者1人に対して、1件以上の求人があることを示しています。求職者に有利な売り手市場で、より良い環境を求めて転職する人材が増加。企業にとって優秀な人材が流出しやすい状況は業績に関わる一大事です。従業員の退職理由で一番多いのが、「頑張りに見合った給与」がもらえないということ。つまり、優秀な人材を繋ぎ止めるカギは「頑張りに見合った給与」にあります。そこで、従業員一人ひとりの頑張りを正当に評価するために、人事評価制度を必要とする中小企業が後を絶ちません。実際に、私たちのもとに寄せられる新規のお問い合わせは、3年前(2017年現在)の20倍に増加。すでに800社以上の企業に選ばれています。

たとえば・・・テキパキと言われたこと以上の仕事をしているアルバイトのA君と、遅刻も多くて仕事もさぼってばかりのB君。でも、先にバイトを始めたB君の方がリーダーで時給が高いなんて納得いかない!なんてことありませんか?自分のがんばりを認めてもらえ、正当に評価されると働く意欲も上がりますよね!?

中小企業はなかなか手が出せない人事評価制度

<人事評価を変えたい企業>

※あしたのチーム総研調べ

クラウド化により中小企業にとって身近な人事評価制度を実現。

企業側は人事評価制度について、どう考えているか。私たちの調査によると、人事評価制度に満足している中小企業はわずか2%。つまり、残り98%は不満を抱いていることになります。さらに、人事評価制度の導入に関わる経営者・人事担当者の悩みで一番多いのは、「人事評価と報酬との関連性が持てない」という結果が出ました。このように、従業員の不満と一致しているのにも関わらず、人事評価制度を整えている中小企業は数少ない実態があります。それもそのはず、企業が人事システムを導入すると、構築だけで数百万円かかるのが当たり前。中小企業にとって、手を出しにくい価格です。そこで私たちは、人事評価制度の運用サービスをクラウド化し、コストや手間を軽減。これまでの常識を覆し、中小企業でも導入しやすい価格を実現しました。

あしたのチームの介在価値

<人事評価制度への問い合わせ数>

※2016年におけるあしたのチームへの
新規問合せ件数は、2014年比約20倍。

独自性と社会性のある人事評価事業で日本を元気にする。

成果を出しても評価されないと感じると、頑張っていた人が頑張らなくなってしまいます。しかし、人事評価制度を正当に運用すれば、社員の定着率はもちろん労働生産性もアップ。一方で、少数精鋭の中小企業には、組織立った人事部門がないケースが珍しくありません。そこで、私たちが経営者・人事担当者に寄り添い、同じ目線で人事の悩みをサポート。中小企業に欠かせない存在になっていきます。私たちが手がけた人事評価制度が企業に根付き、社員や組織の成長に貢献。あしたのチームが介在することは、企業の経営を好循環させ、やがて日本経済の成長に繋がっていきます。そう信じて、自社で人事評価制度の運用も徹底して行ってきました。自社で実現できないことは、他社に提供できないと肝に銘じ、引き続き自社で体現していきます。